주요 기사 바로가기

朴槿恵次期大統領「韓日関係、過去が未来の障害になってはならない」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.15 10:38
0
朴槿恵(パク・クネ)次期大統領は14日、韓日関係に対して「日本が被害者の苦痛を心より理解する立場に立って考えることを願う」としながら「過去の問題が国民の情緒を刺激して未来指向的な関係に障害になってはならない」と述べた。朴次期大統領はこの日、ソウル通義洞(トンウィドン)執務室で河野洋平(76)元日本衆議院議長に会って「両国がいくらでも未来指向的に発展することができる」と強調した。

これに対し河野元議長は「歴史を直視して真剣に歴史から学ぶという姿勢が重要だ。12年前、東京の駅で日本人を救おうとしたが犠牲になった韓国人青年(故イ・スヒョン)の高貴な行動を契機に韓国人により大きい感謝と信頼・尊敬を持つようになった」と述べた。河野元議長は1993年、官房長官の時に慰安婦問題の強制性と人権侵害を認めて謝罪する内容を含めた「河野談話」を発表した人物だ。

北朝鮮の3回目の核実験と関連、朴次期大統領は「北朝鮮が国際社会の責任ある一員になるという明確な意志を見せてこそ韓半島信頼プロセスを進展することができる」として「北朝鮮が挑発すれば交渉して補償する悪循環の輪を断ち切ることが北朝鮮核問題を解決するのに緊要だ」と強調した。「北朝鮮の核挑発は全世界を敵に回すことであり、これを通じて北朝鮮が得ることはないということを認識しなければならない」とも述べた。 河野元議長も「国際社会がともに対応して北朝鮮核実験と核保有という不適切な事態がなくならなければならない」と共感を表した。

 
朴次期大統領は「河野元議長とは長い間の縁がある。99年に外相だった時に招請して頂き、日本でお目にかかり多くの話を交わし、2006年ハンナラ党代表であった時には南北関係発展方向について意味のある対話をしたことを思い出す」と振り返った。河野元議長は「次期大統領が選挙に強いことがわかる」として「厳しい選挙だったが一貫して揺るがない姿を日本で見た」と述べた。 これに対し朴次期大統領は笑って「はい。大変な 選挙でした」と答えた。


朴槿恵次期大統領「韓日関係、過去が未来の障害になってはならない」(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    朴槿恵次期大統領「韓日関係、過去が未来の障害になってはならない」(1)

    2013.02.15 10:38
    뉴스 메뉴 보기
    朴槿恵(パク・クネ)次期大統領が14日、ソウル通義洞(トンウィドン)執務室で河野洋平元日本衆議院議長に面会している。
    TOP