주요 기사 바로가기

レーダー照射めぐる攻防、米国が日本側の主張認める

ⓒ 中央日報日本語版2013.02.12 17:49
0
東中国海(東シナ海)尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近でのレーダー照射をめぐり日本と中国が攻防を繰り広げる中、米政府が日本の主張を認めた。

ヌーランド米国務省報道官は11日(以下、現地時間)の定例記者会見で、日本側からレーダー照射に関する説明を受け、私たちはその主張が事実であると納得している、と明らかにした。 これに先立ち日本政府は、中国軍艦が先月19日と30日、尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近で日本自衛隊のヘリコプターと艦艇に1度ずつ射撃管制用レーダーを照射した、と主張した。

これに対し中国側は、射撃用ではなく別のレーダーを使用したにすぎない、と否定している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP