주요 기사 바로가기

中国春節の爆竹で韓国に“スモッグ爆弾”

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.12 11:11
0
春節(旧正月)に中国で使用された爆竹から発生したスモッグが、韓半島まで飛来していることが確認された。

10日の北京市によると、9日夜の北京の微粒子(PM2.5、直径2.5マイクロメートル以下の粒子)の濃度は平均1立方メートル当たり400マイクログラム(1マイクログラム=100万分の1グラム)だった。一時は野外活動自制勧告が出る基準値(100マイクログラム)の10倍である1000マイクログラムに達した。春節に使用された爆竹のためだ。

9、10日の2日間、北京市内で発生した爆竹によるゴミは計1586トンに達した。昨年の春節に比べると155トン(8.93%)減ったが、都心の大気には悪影響を与えている。

中国の“爆竹スモッグ”は数時間後、韓半島に影響を及ぼした。11日の気象庁によると、仁川江華島で測定された微粒子(PM10、直径10マイクロメートル以下の粒子)は10日午前、100マイクログラムを超え、この日正午には最高140マイクログラムまで上がった。8日昼に比べて約3倍だ。

同じ時間、西海の格列飛列島や済州道高山里などでも平常時より高い最高75-86マイクログラムと測定された。これは韓国国内の大気の年平均環境基準値50マイクログラムを超過する。

チョン・ヨンスン高麗大気環境研究所長は「10日午前、国内の微粒子の濃度が急激に上昇したのは、霧など一部の気象要因のためでもあるが、相当部分は中国から飛んできたと見るべき」と述べた。

現在、韓国には微粒子の濃度に関する基準値がなく、2015年1月からこれを適用する予定だ。微粒子は呼吸器に深く入り込むため体に有害だ。すでに中国発の大気汚染は無視できないレベルに達している。

韓国外大環境学科のイ・ガンウン教授は6日、韓国大気環境学会の主催で開かれた「大気環境大討論会」で、「ソウルなど首都圏で測定される微粒子の年平均濃度(2011年基準1立方メートル当たり47マイクログラム)の36.6%に相当する17.2マイクログラムは中国から飛んでくる」と明らかにした。中国から飛来する微粒子のうち、北西風に乗って流入するのが10マイクログラム(21.3%)、その他の中国東海岸都市から首都圏に流入するのが7.2マイクログラム(15.3%)程度と推測されている。残りは首都圏内での発生(58.7%)、北韓・オホーツク海などからの流入(4.7%)という。

韓国外大環境学科のキム・ヨンソン教授は「韓国は中緯度偏西風地帯にあるため、中国の汚染物質の流入はもう“常数”になっている」とし「まずは短期間に高まる汚染現象を減らし、長期的な対策も準備する必要がある」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP