주요 기사 바로가기

韓国の国技「テコンドー」、五輪の永久種目になるか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.11 13:24
0
韓国の国技テコンドーが「オリンピック永久種目」と「除外」の岐路に立っている。

国際オリンピック委員会(IOC)は12日と13日(現地時間)、スイス・ローザンヌで執行委員会を開き、2020年夏季オリンピックから適用する25核心種目(Core Sports)を選定する。

昨年のロンドン五輪で行われた26正式種目のうち1種目だけが外れる。残り25種目は核心種目に分類され、事実上、永久的に五輪正式種目として残る。

問題は、テコンドーが近代5種とともに有力な除外候補に挙がっている点だ。2020年夏季五輪からは25核心種目に3種目を弾力的に追加し、28正式種目で大会を開催するというのがIOCの計画だ。

2020年夏季五輪の場合、核心種目以外の種目のうちゴルフとラグビーがすでに決定した。残り一つをめぐり野球-ソフトボール、空手、武術、ローラースポーツ、スカッシュ、スポーツクライミング、ウェイクボードが競合している。

オリンピック種目から外れないよう東奔西走している世界テコンドー連盟は、テコンドー危機説を流す一部の海外報道には一切対応せず、水面下でIOC執行委員の心を動かすために努力している。世界204カ国に広まったテコンドーの普遍性と大衆性を強調している。ロンドン五輪を控えて電子防具の着用、即時ビデオ判読、点数細分化など思い切った制度改善で、積極的に変化の意志も表した。

カン・ウォンシク国技院長(75)は「ロンドン五輪でテコンドーはおもしろく迫力あふれるスポーツに生まれ変わった。今回の審査で良い結果を期待している」と述べた。IOC執行委員会は委員長と4人の副委員長、10人の委員の計15人で構成されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国の国技「テコンドー」、五輪の永久種目になるか

    2013.02.11 13:24
    뉴스 메뉴 보기
    韓国のテコンドー。
    TOP