주요 기사 바로가기

旧正月連休は韓国全土で冷え込み、13日から寒さ和らぐ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.10 09:12
0
旧正月連休は寒さが続くが13日から平年の気温を回復する見込みだ。

気象庁関係者は9日、「12日までは冷たい大陸高気圧の影響で寒いため健康管理と施設管理などに留意してほしい」と呼びかけた。

雪や雨の予報も出ている。気圧の谷の影響で12日午後に江原道(カンウォンド)を除く全国で雪または雨が降るものとみられる。

14日は午後に入り済州道(チェジュド)から雨が降り始め、15日午前には南部地方に拡大すると見られる。

気温は朝の最低気温が氷点下9~4度、昼の最高気温が4~11度と平年より低いことが予想される。

降水量は平年の1~3ミリと同水準かやや多いが、江原道嶺東(ヨンドン)は少ないものとみられる。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP