주요 기사 바로가기

ソウル零下17度…2年連続2月寒波の原因は…

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.08 08:56
0
旧正月連休を控え近づいた寒波が厳しい。気象庁は8日朝、ソウルの最低気温が零下17度まで下がり、

今年冬に入り最も寒い日になると7日予報した。今年は先月4日の零下16.4度が最も低かった。

平年、最も寒い月は1月と思われていたが、2月に深刻な寒波が訪れた理由は何だろうか。昨年も最も寒い日が2月(2月2日零下17.1度)だった。気象学者らは2月に厳しい寒波が近づいた理由として「成層圏突然昇温(SSW、Stratospheric Sudden Warming)」現象を挙げている。これは零下70度前後の気温を維持している成層圏(地上10~50キロメートル)で2~3日間に気温が数十度上昇する現象をいう。地表付近で発生したエネルギー波動が北極成層圏に到達して波のようにつぶれながらエネルギーを吐き出したためだ。

気象庁のキム・ヒョンギョン気候予測課長は「極地方の成層圏気温が上昇すれば西から東に回った成層圏ジェット気流の方向が正反対に変わって東から西に流れる」として「これに伴い、成層圏の下方地上10キロメートル上空で西から東に速く回る対流圏ジェット気流が一緒に遅くなる」と話した。対流圏ジェット気流が弱くなって蛇のようにょろにょろ動くようになればジェット気流の速い動きに閉じ込められていた北極地方の冷たい空気が韓半島まで降りてくるというのだ。韓国海洋科学技術院極地研究所キム・ベクメン博士は「成層圏は一度気温が上がれば長く持続するので、今月中旬以後にも成層圏昇温にともなう寒波が続く可能性がある」と予想した。一方、気象庁は連休期間、寒い中で全国的に晴れるが、旧正月1月1日の10日午前はソウルなど中部地方で弱い雪が少し降ると予報した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ソウル零下17度…2年連続2月寒波の原因は…

    2013.02.08 08:56
    뉴스 메뉴 보기
    2月の寒波の原因は成層圏の突然の温度上昇。
    TOP