주요 기사 바로가기

<大リーグ>秋信守、アジア選手ランキング1位…ダルビッシュより上

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.02.06 14:32
0
秋信守(チュ・シンス、31、シンシナティー)がダルビッシュ有(27、テキサス)を上回り、アジア出身選手でランキング1位になった。

メジャーリーグ公式ホームページ「mlb.com」が6日(日本時間)、30球団・845人のシーズン成績を予測して発表した選手ランキングで、秋信守は52位にランクされた。 これはダルビッシュ(日本、55位)、チェン・ウェイン(台湾、ボルティモア、340位)より高い順位で、アジア出身選手では1位、外野手では20位。

mlb.comは秋信守について「2011シーズンは半分ほどプレーできなかったが、昨年はコンディションを維持し、得点(88)と二塁打(43)でキャリア最高記録をマークした」とし、生涯3度目の20(本塁打)-20(盗塁)クラブの可能性を取り上げた。 続いて「クリーブランド所属だった昨年、1番打者で98試合に出場して役割を完壁に果たし、打率3割1分0厘、出塁率3割8分9厘、長打率4割9分3厘をマークした。 冬の移籍市場で秋信守を獲得したシンシナティーは1番打者で起用するとみられ、2013シーズンは100得点が予想される」と評価した。

シーズン成績は打率2割8分8厘、96得点、21本塁打、66打点、21盗塁と予想した。得点部分でキャリアハイ(従来2012年の88得点)を記録し、2010シーズン以来の20-20クラブを達成すると予測した。

秋信守の順位は、チームの看板スターであるジョーイ・ボット(9位)、ブランドン・フィリップス(39位)に次いで3番目に高かった。 右翼手に入る予定のジェイ・ブルースは53位、第1先発のマット・レイトスは59位だった。

一方、ダルビッシュは昨年(16勝9敗、防御率3.90)よりやや高い18勝9敗、防御率3.35と予想され、アジア選手では秋信守に次いで高かった。 このほか、黒田博樹(ヤンキース、107位)、青木宣親(ミルウォーキー、156位)、イチロー(ヤンキース、172位)が後に続き、柳賢振(リュ・ヒョンジン、ドジャース)は11勝9敗、防御率点3.92で、チェン・ウェインより高い287位にランクされた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <大リーグ>秋信守、アジア選手ランキング1位…ダルビッシュより上

    2013.02.06 14:32
    뉴스 메뉴 보기
    秋信守(チュ・シンス、31、シンシナティー)。
    TOP