주요 기사 바로가기

「韓日中のベンチャーに投資、東アジアにシリコンバレー作る」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.05 08:54
0
「私が成功だけしてきたって? 実際には成功より失敗経験が多く、そのような失敗を踏み石に成長しました」。

モビーダジャパンの孫泰蔵代表はプロジェクターを通じ自身の成功作といえるベンチャー企業30社余りを見せた。1996年にヤフージャパンから始まりオンラインゲーム会社のガンホーエンターテインメントなど日本の代表的なオンライン企業らがずらりと並んだ。今月1日に東京・六本木の事務所で会った孫代表は自身満々な表情でベンチャー業界の現在と未来を明確に描いて見せた。

孫代表は、「少し前にアンドロイドマーケットを分析した資料を見ると、日本と韓国市場が米国を抜いて1・2位に上がるほど東アジア市場は可能性が大きく、人材水準もまた高い。シリコンバレーの生態系を東アジアに作ることができない理由はない」と話した。その結果同じ思いを持つ人たちと東アジアにシリコンバレーのような生態系を作ろうということで意気投合したという説明だ。

三井商事のシリコンバレー駐在員だった伊藤健吾もその1人だ。モビーダジャパンの最高アクセラレーターに就いた伊藤は「この2年間に一般大学生を相手に公募した100個のアイデアのうち20個を選び1社に500万円ずつ投資した。最初に計画したように成長できない会社があるならば教育と諮問を通じ他の企業と一緒になったり他のアイデアに発展させる“ホットストーブリーグ”もまた稼動している」と説明した。

アイデアを選び出す基準も異色だ。通常ベンチャーキャピタルが要求する事業計画書や売り上げ目標などは見ない。ひたすらアイデアを出した人の情熱を見る。アイデアもまた、具体的な製品ではなく一般人なら誰でも好奇心と需要を感じるものなどだ。孫代表は「現在20社にすぎないが、これからは韓国と日本、中国を分けず1000社程度の会社に投資するのが目標だ。そうなるには私1人だけの資金と情熱だけでは足りず、韓日中3カ国で気が合う投資家・諮問グループが必要だが、徐々にその範囲を広めている」と話した。
「韓日中のベンチャーに投資、東アジアにシリコンバレー作る」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓日中のベンチャーに投資、東アジアにシリコンバレー作る」(1)

    2013.02.05 08:54
    뉴스 메뉴 보기
    モビーダジャパンの孫泰蔵代表は韓国と日本、中国など東アジア地域に米国のシリコンバレー式ベンチャー創業生態系を移植するのに注力している。(写真=モビーダジャパン)
    TOP