주요 기사 바로가기

中国、北朝鮮大使に核実験保留を強く要求

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.04 09:09
0
北朝鮮の3度目の核実験が迫っているという観測が出ている中、これを阻止するため周辺国が慌しく動いている。特に、韓国・中国の動きが速まっている。

中国外務省は、北朝鮮が先月24日の国防委員会声明で核実験強行方針を明らかにして以来、池在竜(チ・ジェリョン)駐中北朝鮮大使を数回呼んだと、複数の外交消息筋が伝えた。消息筋は「中国は北朝鮮の3度目の核実験が韓半島の緊張を過去とは比較にならないほど高めるおそれがあると懸念を表し、核実験の保留を要求したと聞いている」と述べた。

林聖男(イム・ソンナム)外交通商部韓半島平和交渉本部長も3日、2泊3日の日程で中国を訪問した。外交部の関係者は「林本部長は中国の武大偉6カ国協議代表と会い、核実験を阻止するために協調する」と伝えた。

韓国国防部と軍幹部は休日の3日も出勤し、北朝鮮の非常事態に備えた。軍当局は米国と4-6日、東海岸一帯で連合対潜訓練を行う。今回の訓練に参加した米国の原子力潜水艦「サンフランシスコ」と巡洋艦「シャイロー」は、北朝鮮全域を射程圏とするトマホークミサイルを搭載している。トマホークは1991年の湾岸戦争に投入され、イラク軍を焦土化させた威力的な武器。

韓米中3カ国の動きにもかかわらず、当局は核実験Dデーをめぐり、さまざまなシナリオを検討している。軍関係者は「放射能計測装備の設置やケーブル連結など北朝鮮の核実験の事前兆候と見られる条件がほぼそろった状況」とし「その気になれば今すぐにも核実験ができる状態を維持している」と伝えた。北朝鮮は核実験のために咸鏡北道吉州郡豊渓里の西側坑道(2号)と南側坑道(3号)の準備を事実上終えたと、当局は把握している。

北朝鮮の内部事情を考慮すれば、金正日(キム・ジョンイル)の誕生日(16日)前後に断行するのではという予想が出ている。キム・ヒョンジュン統一研究院選任研究委員は「北朝鮮の核開発は金正日の遺訓によるもので、北朝鮮が最大の祝日と考える金正日の誕生日に核実験が行われる可能性がある」と予想した。

一部では、早ければ4日午前に核実験が行われるという観測もある。4日はアメリカンフットボールの決勝戦スーパーボウルが開催される日だ。スーパーボウルの大会時間に合わせて核実験を実施することで、米国に対する圧力効果を極大化する可能性がある、という理由からだ。昨年スーパーボウルを視聴した米国人は約1億1000万人で、これを中継するCBSは今年30秒広告を平均370-380万ドルで販売した。

北朝鮮が「核実験と追加長距離ミサイル発射は米国を狙ったもの」(先月24日)と明らかにした以上、米国に衝撃を与えるために、米国全体が関心が集まる日を選択する可能性があるということだ。

しかし周辺国の引き止め努力で計画が変更されるという見方もある。北朝鮮が外務省声明を発表した後に電撃的に行った最初(06年)と2度目(09年)の核実験とは違い、国防委・祖平統などを通じて「金正恩が重大決断をした」という発言を中継報道をするかのように出しているのも、韓国や米国に向けた瀬戸際交渉術でないかという解釈だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国、北朝鮮大使に核実験保留を強く要求

    2013.02.04 09:09
    뉴스 메뉴 보기
    咸鏡北道吉州郡豊渓里(ハムギョンブクド、キルジュグン、プンゲリ)核実験場の位置。
    TOP