주요 기사 바로가기

北朝鮮の核実験が秒読み段階、米原子力潜水艦は東海で訓練へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.02 10:11
0
北朝鮮の3度目の核実験が秒読み段階に入った中、韓国と米国はもちろん、中国政府も対北朝鮮圧力を強めている。

韓米両国は4日から東海(トンヘ、日本名・日本海)で、北朝鮮の潜水艦侵入に対応した連合対潜訓練を行う。このため米国のロサンゼルス級(排水量6900トン)原子力潜水艦「サンフランシスコ」(SSNー711)が先月31日、鎮海に到着した。

「サンフランシスコ」は射程距離1000キロを超える巡航ミサイル「トマホーク」を搭載している。1次北核危機が高まった1994年以来19年ぶりに韓国に入った。トマホークは91年の湾岸戦争当時、米軍がイラクの軍事施設を焦土化させた武器だ。今回の対潜訓練は、北朝鮮の挑発に超強硬対応するという韓米両国の意志を見せる一種の武力デモと解釈される。

朴槿恵(パク・クネ)次期大統領は1日、韓国を訪問した米国のロイス下院外交委員長と会談し、「北朝鮮は世界の反対にもかかわらず、2回のミサイル発射をした。北朝鮮の核は容認できず、追加で挑発があれば、国際社会とともに断固対処していく」と明らかにしたと、朴先圭(パク・ソンギュ)報道官が伝えた。

中国も対北朝鮮制裁の意向を表し、圧力を加えている。北京の外交消息筋は「核実験が実施されれば、中国はさまざまな対北朝鮮制裁措置を取ることを検討中」とし「最も可能性が高いのは対北朝鮮支援の縮小」と述べた。日本経済新聞はこの日、中国が北朝鮮指導部が保有する北朝鮮系銀行北京支店の資産を凍結する方針だと報じた。

韓米中3カ国の立体的な対北朝鮮圧力が具体化されているが、北朝鮮は咸鏡北道豊渓里の核実験場の地下坑道入り口に幕を設置したことが把握された。「挑発の最終段階の動きを露出させないための措置」というのが当局の分析だ。

また北朝鮮は労働新聞に「最高司令官同志、あとは命令だけ出してください」「全国の青年・学生が軍入隊と復隊を嘆願している」などの扇動スローガンを登場させ、危機感を高めている。北朝鮮が戦争危機を高める時に使う常套カードで、北朝鮮は核実験のための実務準備を終え、政治的な決断だけを残していると、政府は判断している。

北朝鮮の核能力に対する懸念も強まっている。柳佑益(リュ・ウイク)統一部長官は幹部に対し、「1、2回目の核実験が核開発の過程であれば、3度目の実験は核開発の最終段階の可能性がある」とし「今回の核実験は状況が深刻だ」と強調した。

次期国防長官に指名された共和党のヘーゲル元上院議員も先月31日(現地時間)、上院承認公聴会に出席し、「北朝鮮は実質的な核パワー(real nuclear power)を保有し、行動を予測するのが非常に難しい」と述べた。また「北朝鮮は脅威レベルを超えた状態(beyond a threat)」と診断した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮の核実験が秒読み段階、米原子力潜水艦は東海で訓練へ

    2013.02.02 10:11
    뉴스 메뉴 보기
    先月31日、鎮海基地に停泊中の原子力潜水艦「サンフランシスコ」。[写真=共同取材団]
    TOP