주요 기사 바로가기

核実験準備中と見られる北朝鮮の豊渓里…周辺に放射能計測装備を設置

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.01 09:36
0
北朝鮮が3回目の核実験を準備している咸鏡北道吉州郡豊渓里(ハムギョンブクド、キルジュグン、プンゲリ)核実験場近くに放射能計測装備を運んできたと政府核心関係者が31日伝えた。

この関係者は「核実験以後、放射能流出の有無を確認するためのものと思われる放射能計測装備を北朝鮮が最近、核実験場一帯に設置した」として「核実験のための技術的準備が仕上げ段階に入り、北朝鮮指導部が決心すればいつでも核実験が可能だとみられる」と明らかにした。

また、核実験場の坑道中に核起爆装置を遠隔操縦する装置と推定される車両が捉えられ、韓・米情報当局が精密分析に入った。政府はこれに伴い、北朝鮮の核実験が差し迫っていると判断している。

政府は大統領府で李明博(イ・ミョンバク)大統領が外交安保長官会議を開いて、北朝鮮が核実験を押し切る場合、国連安全保障理事会次元のさらに強力な対北朝鮮制裁案を引き出すために米国・中国・日本と緊密に議論することにした。安保理は先月22日、北朝鮮の長距離ロケット発射を糾弾・制裁する決議案2087号を採択した。

李大統領は会議で、金寛鎮(キム・クァンジン)国防長官に「北朝鮮が核実験など追加挑発を露骨に威嚇しながら政府移行期の機会を利用して韓半島の軍事的緊張を高めているのに対し、強い対応体制を整えるように」と指示した。また2月1日から韓国が安保理議長国を引き受けることになるだけに「安保理理事国とも緊密に協議していくように」と話したと朴正河(パク・ジョンハ)大統領府報道官が伝えた。会議では「北朝鮮が一切の挑発的言動を中断して安保理決議を含めた国際的義務を遵守することを促し、北朝鮮が状況を誤認してまた再び挑発を押し切るなら厳重な結果を招くことになると警告する」という内容の決議文も採択した。

これに伴い、軍は北朝鮮の核実験と追加挑発に備え、対北朝鮮監視態勢を強化して警戒態勢も一段階上方修正した。金光珍長官は会議後、前方25師団を訪問して「敵が挑発したら報復できる態勢を維持するように」と話した。軍当局者は「核実験以後、北朝鮮が短距離ミサイル発射や前方地域での軍事的挑発可能性がある」として「映像情報を観察するクムガンや盗聴機器を搭載した白頭(ペクドゥ)偵察機、空中早期警報統制機(ピースアイ)などの監視装備を総動員して綿密に注視している」と明らかにした。

金長官は射程距離800キロメートル級の弾道ミサイルを早期開発して配置するよう指示することもした。金長官は「敵のミサイル基地は後方にある場合が多い」として「挑発点がどこでも一挙に撃滅することができるように射程距離800キロメートル級弾道ミサイルを早急に実践配置されなければならない」と強調した。軍は昨年、韓・米ミサイル協定改正で300キロメートルだった弾道ミサイル射程距離を800キロメートルに増やすことで2017年実践配置される予定だったが、キム長官の指示で2年あまり前倒しになる見通しだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    核実験準備中と見られる北朝鮮の豊渓里…周辺に放射能計測装備を設置

    2013.02.01 09:36
    뉴스 메뉴 보기
    咸鏡北道吉州郡豊渓里(ハムギョンブクド、キルジュグン、プンゲリ)核実験場の位置。
    TOP