주요 기사 바로가기

故盧武鉉前大統領の娘、一審で執行猶予判決

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.01.24 16:33
0
故盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の娘ノ・ジョンヨン被告(38)が、検察の求刑通り懲役4月に、執行猶予1年を言い渡された。

ソウル中央地裁刑事18単独のイ・ドンシク判事は23日、米ニューヨークの高級マンション購入過程で100万ドル(約1億円)を密搬出した疑い(外国為替取引法違反)で在宅起訴されたノ・ジョンヨン被告に対する一審宣告公判でこのように判決した。 イ判事は「証人の陳述などを総合すると、検察の公訴事実は十分に有罪と認められる」と明らかにした。

また「被告はこの事件の犯行で外国為替取引の秩序を乱し、密搬出した外貨規模も少なくない」とし「元大統領の娘として模範を示さなければならないにもかかわらず、高価な米国マンションを購入した事実を隠し、罪が重い」と判断した。 しかしイ判事は「被告が反省していて、前科なく誠実に生きてきた点、外国為替取引法が改正されて未申告外国為替取引に対する処罰が緩和された点を考慮し、量刑を定めた」と述べた。

ノ被告は07年10月、米永住権者ギョン・ヨンヒさん(43、女性)が所有する米ニュージャージー州の高級マンションを買い取った。 契約金40万ドルを送り、その後の支払いの督促を受けると、09年1月、当局に申告せず100万ドルを密送金した容疑で起訴された。 この資金の出所について、盧前大統領夫人の権良淑(クォン・ヤンスク)氏(66)は検察の捜査過程で、「知人が集めてくれたお金」と明らかにした。 結審に弁護人として登場したノ被告の夫クァク・サンオン弁護士(42)は「妻がマンション売買契約をし、お金を渡したのは間違いない」としながらも「被告は平凡な主婦であり、 送金する際に申告しなければならないことも、違法という点もはっきりと把握していなかった」と主張した。 ノ被告は最後の陳述で涙を見せながら、「会的に物議をかもして申し訳なく思う。 とても苦痛を感じている」と述べた。

判決宣告後、ノ被告は静かに法廷を出た。 検察側は「控訴しないことを検討中」と明らかにした。 ノ被告のある側近は「ノ・ジョンヨン氏も現在は控訴する計画がないと聞いている」と話した。 控訴がなければ判決内容は最終確定する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP