주요 기사 바로가기

“スパイ容疑”在日同胞被告、再審で無罪に=ソウル高裁

ⓒ 中央日報日本語版2013.01.24 14:30
0
1975年の「在日同胞留学生スパイ集団事件」で死刑宣告を受けたカン・ジョンホン被告(62)に対する再審で、ソウル高裁が無罪を言い渡したと、韓国メディアが24日報じた。

報道によると、ソウル高裁はスパイ行為をした容疑(国家保安法違反など)で起訴され、死刑宣告を受けたカン・ジョンホン被告ら3人に対し、原審判決を破棄し、無罪を宣告した。

ソウル高裁は「当時、民間人捜査権がない陸軍保安司令部が捜査を担当したため収集された証拠はすべて違法であり、検事側の証拠もこれに基づくものであるため証拠として認めることができない」と明らかにした。

在日同胞のカン被告は日本で反国家団体工作指導員の指令を受け、ソウル大医大留学生に装って国内に潜入した後、労働党に加入するなど反国家団体活動をした容疑で起訴され、死刑判決を受けた。その後、無期懲役に減刑され、13年間服役した後に釈放された。 カン被告は2010年、ソウル高裁に再審を請求した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    “スパイ容疑”在日同胞被告、再審で無罪に=ソウル高裁

    2013.01.24 14:30
    뉴스 메뉴 보기
    カン・ジョンホン被告(62)。
    TOP