주요 기사 바로가기

中国産プーアル茶から農薬…有機偽装で高値販売=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.01.23 16:23
0
「有機栽培茶」として販売中の一部の中国産輸入茶からビフェンスリンなど農薬成分が検出された。 有機栽培茶の認証を受けるためには、該当成分が検出されてはならない。 有機栽培茶でないにもかかわらず、有機栽培と偽って高値で販売したということだ。

韓国消費者院は22日、「オークション・11番街などオープンマーケットで販売中の有機栽培茶6種類を検査した結果、『雲南プーアル茶 百年歳月』と『有機農ジャスミン茶』から残留農薬が検出された」と明らかにした。

プーアル茶からは殺虫剤成分のビフェンスリンとサイパーメスリンが、ジャスミン茶からはビフェンスリンなど7つの農薬成分が検出された。 ビフェンスリンは呼吸困難やけいれんを引き起こすおそれがある。 サイパーメスリンは世界野生動物保護基金(WWF)が指定した内分泌かく乱物質67種類の一つだ。

また消費者院はオープンマーケットを通じて販売中の一般茶24製品を検査した結果、14製品からビフェンスリンなど13種類の農薬が検出されたと明らかにした。 ビフェンスリンは有機栽培・一般茶30製品の半分の15製品から検出された。

一般茶の場合、農薬残留量はすべて基準値範囲内であることが確認された。 しかし消費者院は「茶の製品に関してはトリアゾホスなど強い毒性を持つ7つの農薬成分に対する基準値がない」と説明した。 別途規定がない場合、該当農産物の国際食品規格委員会(Codex)基準などを適用することになる。

この場合、西洋人に比べて茶をよく飲む韓国人は、実際には農薬成分を基準値より多く摂取するおそれがある。 また、茶に対する国際農薬基準は、国内外の農産物に適用される該当農薬の許容基準値に比べてはるかに高く、安全性を確保するのが難しくなる。

消費者院は「国内許容基準がない農薬成分が輸入農産物で発見される場合、一律で最低許容基準(0.01ppm・キログラム当たり0.01ミリグラム)を適用したり、成分が検出されれば原則的に販売を禁止するなど、安全基準を強化する必要がある」と主張した。 消費者院は食品医薬品安全庁にこうした案を建議する計画だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国産プーアル茶から農薬…有機偽装で高値販売=韓国

    2013.01.23 16:23
    뉴스 메뉴 보기
    中国産プーアル茶。
    TOP