주요 기사 바로가기

IMF専務理事「円売り? 近隣窮乏化政策」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.01.19 09:23
0
円安ドル高が進み、2年7カ月ぶりに1ドル=90円台をつけた。日本が円安と景気浮揚を目標に、さらに金融緩和を進めるという見方のためだ。

18日の東京外国為替市場では一時、1ドル=90円20銭で取引された。1ドル=90円台は2010年6月以来となる。韓国ウォンは対日本円で前日比20.08ウォン値上がりした100円=1174.93ウォンとなった。

ロイター通信はこの日、「日本銀行(日銀)が無制限の金融緩和を考慮中」と報じた。国際機構と世界各国は日本のこうした政策を批判した。相対的に他国の輸出競争力を弱め、被害を与えるという理由からだ。

米国のマーケットウォッチによると、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は17日(現地時間)、米ワシントンで行った記者会見で、日本の通貨政策に関する質問に対し、「IMFは近隣窮乏化(beggar-thy-neighbor)政策を各国が採択しないよう最善を尽くす」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP