주요 기사 바로가기

尖閣沖で韓国漁船が沈没…日本海上保安庁が救助作業中

ⓒ 中央日報日本語版2013.01.18 14:45
0
済州道西帰浦(ソギポ)南の海上で操業中だった韓国漁船が火災で沈没し、日本海上保安庁が救助作業に入った。

18日の韓国国内の報道によると、この日午前3時40分ごろ、西帰浦南の海上で西帰浦船籍の漁船3005ファングム号(29トン)で火災が発生、約3時間40分後の午前7時23分ごろ沈没した。この事故で船員9人のうち4人が死亡、4人が行方不明となった。

日本海上保安庁の関係者は、西帰浦海洋警察の救助協力要請を受けて事故海域に警備艦と航空機を派遣し、捜索作業を行っていると伝えた。また日本海上保安庁によると、事故の地点は尖閣諸島(中国名・釣魚島)の北方200キロだという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP