주요 기사 바로가기

【コラム】中国が朴槿恵次期大統領を好む4つの理由(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.01.17 16:40
0
中国は現実的だ。 韓国で誰が大統領になろうと歓迎する。 その人が権力を握っているからだ。 朴槿恵(パク・クネ)次期大統領に対する評価も高い。 しかし今回の場合は単なる礼儀レベルではない。

中国が朴次期大統領を好む理由がある。 大きく4つだ。 私たちもこれをよく分析し、自分自身、または自身が所属する会社の立場に合わせて脚色した後、中国と取引する際に応用すれば、少なからず効果があるだろう。

一つ目は来歴だ。 朴次期大統領は中国で“皇帝の娘”と見なされている。 中国は封建王朝を打破した社会主義国家だ。 しかし中国人の意識はまだ皇帝時代の伝統から自由でない。

気楽に夕食をする席で中国人と話してみると、毛沢東の長男・毛岸英が韓国戦争(1950-53)で戦死していなければ、主席になっていただろうという話を聞く。

中華圏のメディアもそうだ。 1998年に朱鎔基が首相になると、香港メディアは朱鎔基の家系の来歴から、彼は明を建国した朱元璋の子孫であるはずだという記事を載せた。

中国の新しい指導者の習近平も同じだ。 彼の前に常に付く修飾語は、彼が副首相を務めた習仲勳の息子という点だ。

中国人はなぜ来歴を問うのか。 立派な人は生まれる時から何かが違うという点を聞きたがる。 指導者の天賦的な資質に頼りたいという素朴な気持ちがある。 普通の人間である自分の立場も癒される。

私たちはこの点を応用する必要がある。 中国人と会う時、私はなぜ人と違うのか、私たちの会社はなぜ他の会社より優れ、韓国はなぜ特別なのかなどの論理をうまくまとめなければならない。

2つ目は中国語だ。 朴次期大統領が中国語を話すという点が魅力のポイントだ。 朴次期大統領の中国語の実力は、「中国語ができなくても、自他が認める大韓民国最高の中国通」という具相燦(ク・サンチャン)元議員の経験談が説明してくれる。

中国出張中、エレベーターの中に朴槿恵、具相燦、王家瑞中国対外連絡部長の3人が残った。 この時、具元議員と王部長の間の話を通訳したのが朴次期大統領だったという。

言語は文化だ。 中国語を駆使するというのは、中国と中国文化に対する尊重の表示と変わらない。 ぎこちない中国語だとしても、中国人の心を温かくするのに全く支障はない。

3つ目は謙遜だ。 中国は1840年のアヘン戦争から約100年間、西欧列強の侵奪に苦しみ、今でも西側が中国の浮上を妨げようとしていると考えている。 それだけ被害意識が強い。

相手が中国を軽視すると感じた時、中国の怒りはピークに達する。 面子を命のように大切にする中国の伝統とも関係がある。 朴次期大統領はこれまで中国人と会う席で、身についた謙遜した姿を見せてきたと、中国人は話す。

中国人の面子を立てれば得をするというエピソードがある。 中国に滞在するある韓国人事業家は何度か交通違反をしながらも、一度も罰金を支払っていない。

秘訣は謙遜にある。 彼は取り締まりに引っかかれば、スーツの襟を整えて車から降り、両手で丁寧に運転免許証を提示する。 もちろん中国語はぎこちなく話す。 外国人であることを知らせなければならないからだ。

すると、これを見ていた中国人が一言ずついう。 「あの外国人は人間としてできている」。人間がよいというのに、規則違反など大したことではない。 謙遜した態度に得意げになった交通警察は訓戒をする。 「次からは注意しなさい」。
【コラム】中国が朴槿恵次期大統領を好む4つの理由(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】中国が朴槿恵次期大統領を好む4つの理由(1)

    2013.01.17 16:40
    뉴스 메뉴 보기
    朴槿恵(パク・クネ)次期大統領。
    TOP