주요 기사 바로가기

習近平総書記が尖閣超強硬策を主導

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.01.14 09:41
0
中国共産党の習近平総書記が尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる日本との紛争で超強硬策を主導していると、米国の中国語ニュースサイト多維が13日報じた。

これによると、昨年9月に日本が尖閣国有化を宣言すると、習総書記は政府関連部門を総括して指揮する「釣魚島緊急対策チーム」を構成し、チーム長を引き受けた。習総書記は昨年11月に党総書記と党中央軍事委委員長に選出された後にもチーム長を維持している。

対策チームには、尖閣管轄のすべての軍部隊と外交・情報・国家安全省および海洋局傘下海洋監視チームの核心関係者が参加し、尖閣関連のすべての政策を決めている。

対策チームは10日、軍輸送機「Y8」の東中国海(東シナ海)石油およびガス田上空巡回査察はもちろん、初めて軍用機約10機の尖閣付近の日本防空識別圏(JADIZ)進入を認めた。その後、日本航空自衛隊がF15機を出撃させると、対策チームは直ちに中国の主力戦闘機「殲10」2機の発進を命令し、両国航空機が対峙する状況を演出した。対策チームは昨年9月以降、中国海洋監視船が尖閣付近の海域を21回も進入することを認めている。また昨年12月13日には自国航空機の尖閣領空進入を認めた。

多維は、習総書記が最悪の場合、日本との局地戦も辞さないという強硬立場を守っている、と伝えた。実際、習総書記は昨年12月10日、広東省を巡視しながら、東中国海防御を担当する広東軍区司令部を訪れ、「いつでも戦争ができなければならず、その戦争は必ず勝たなければならない」と強調した。

中国軍事評論家の王新氏は「習総書記の釣魚島戦略は胡錦濤、江沢民とは全く違う超強硬策であり、戦争も辞さないという確固たる意志が込められていて、今年、釣魚島をめぐる日中間の緊張が高まるしかない」と分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    習近平総書記が尖閣超強硬策を主導

    2013.01.14 09:41
    뉴스 메뉴 보기
    中国共産党の習近平総書記。
    TOP