주요 기사 바로가기

韓国、超高速インターネット普及率6位に落ちる…1位は?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.01.10 10:39
0
韓国はもう超高速インターネット普及率で最上位級でない。

経済協力開発機構(OECD)の資料「ブロードバンドポータル」によると、韓国の有線超高速インターネット普及率は2000年から05年まで6年連続でOECD1位だったが、06年に2位、07年には8位まで落ちた。その後は08年6位、09年6位、10年5位、11年6位と、トップ5に入っていない。

OECD加盟国のうち、スイスが有線超高速インターネット普及率を05年の23.8%から11年には39.9%に伸ばして1位になり、同じ期間、オランダ(25.2%→39.1%),デンマーク(24.9%→37.9%)、フランス(15.1%→35.9%)、ノルウェー(22.6%→35.7%)も韓国(28.7%→35.4%)を抜いた。

2011年基準で主要先進7カ国(G7)と比較すると、韓国はフランスより低く、英国・ドイツ・カナダより高いが、その差は3%ポイント前後にすぎない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP