주요 기사 바로가기

【コラム】「無信不立」の韓日関係

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2013.01.07 17:22
0
「日本が韓国を35年間植民支配したのは事実だ。しかし、その後67年間、日本が韓国に悪いことをしたことはない」。先週、日本のある教授にメールでインタビューした。外務省報道官室を経て、現在は有名私立大教授として在職中の彼に尋ねたのは、安倍晋三首相の右傾化傾向だった。日本の知識人は安倍内閣をどう評価しているのか知りたいと思い、紹介を受けた人物の一人だった。

しかし彼は記者の質問に対し、「日本が人種差別主義や軍国主義に戻るのではないのに、それがなぜ右傾化なのか」という反論の論理を展開した。また「韓国の大企業も結局、日本の支援で成長したという点を、韓国の若者が(植民支配より)もっとよく記憶しておかなければならない」という主張を続けた。彼の主張はブラックコメディに近かった。

奇弁に近い答弁を読みながら、何度も戸を開け閉めする音が聞こえてくるようだった。03年1月、慰安婦被害者のキム・スンドクさんから聞いたことだ。京畿道広州市の「ナヌムの家」で会ったキムさんは、家の中で戸を開閉する音がする度にびくっとした。16歳の時、日帝によって中国に連れて行かれた悪夢の時代、キムさんの部屋の戸の音と似ていたからだ。戸の音はキムさんにとって忘れられない苦痛だった。

慰安婦被害者の実情を知らせるために「水曜集会」にずっと参加してきたキムさんは「心から謝罪する言葉を一言だけ聞ければいい」と語った。しかし願いはかなわず、キムさんは翌年4月、84歳で亡くなった。2013年1月現在、慰安婦被害者のうち生存者は58人だけだ。こうした状況で日本軍が数千人のアジア・欧州女性を性的奴隷とした点を認めて謝罪した「河野談話」を修正するという日本政界の動きは、苦い思いを超えて虚脱感を感じさせる。

安倍政権は国際的にも自らを孤立させている。

ニューヨークタイムズは「安倍政権が深刻な失敗で任期を始めている」と指摘した。英エコノミストは「恐ろしいほど右翼性向の安倍内閣はアジア地域にとって悪い兆候」と警告した。4日には安倍首相特使団が訪韓し、「新政権の発足がよいスタートになることを望む」と述べた。この日の会談で特に目を引いたのは「無信不立(信なくば立たず)」という言葉だ。特使団が朴槿恵(パク・クネ)次期大統領に「選挙の女神と呼ばれる秘訣が何か」と尋ねた後、朴次期大統領が答えた言葉だ。民の信頼なしに国は成り立たないというとができないという意だが、信頼と義理の重要性を強調する意味としても使われる。

実際、この言葉は小泉純一郎元首相の座右の銘でもある。朴次期大統領は自叙伝で、06年に小泉首相に会って「無信不立の姿勢で外交にも臨んでほしい」と要請したと書いている。相手も“同感”したといいう。

安倍政権が本当に韓日関係の発展を望むなら、今はその約束を実践する時になった。無信不立、今こそ安倍内閣と日本の知識人が心に刻まなければならない言葉だ。 (中央SUNDAY304号)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP