주요 기사 바로가기

韓国で包茎手術が急激に減った理由は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.01.07 09:09
0
京畿道東豆川市に住むチェさん(47)は最近、息子(19)と話をしながら“世代の差”を感じた。息子に「大学に入る前に包茎手術を受けてはどうか」と勧めながらだ。しかし息子は「友人10人のうち7人はまだ手術を受けていない。清潔にしていれば何も問題はない」と答えたという。チェさんは「私が若い頃は、個人の衛生によくないし、女性に悪い影響を与えるという理由で、包茎手術は“必須”と考えられていた」と話した。

包茎手術を受ける男性がこの10年間に大きく減ったことが明らかになった。ソウル大のキム・デシク教授(物理天文学部)と中央大のバン・ミョンゴル教授(動物資源科学)教授らは昨年12月11日、科学誌「BMCパブリックヘルス」に「韓国男性の包茎手術の減少」という論文を発表した。

論文によると、00年当時、過去10年間に包茎手術を受けた男性は全体の75.7%だったが、2011年には25.2%に減った。10年間で3分の1に減少したのだ。00年の調査は0-92歳の男性5434人、2011年の調査は0-64歳の男性3296人が対象だった。

特に包茎手術をよく受ける年齢の14-19歳の手術比率が落ちた。14-16歳は00年の88.4%から2011年には56.4%、17-19歳は95.2%から74.4%に減少した。キム教授は「年齢別人口を考えると、10年間に最小100万件の包茎手術が減ったと推定される」と述べた。

包茎手術は1943年に初めて米国の宣教師を通じて韓国に普及した。その間、包茎手術は衛生や性病予防などの理由から医療界が推奨してきた。70年代に入ると包茎手術は「兵役前の必須」と認識された。

しかし世界的に包茎手術を受けた男性の比率は約20%にすぎない。このうち70%以上がイスラム教徒とユダヤ人だ。アジアのうちイスラム圏を除けば、フィリピンと韓国のみ手術比率が70%を超える。

最近、包茎手術が減ったのは▽インターネットなどによる医療知識の広がり▽個人衛生状態の向上▽青少年の自己決定権を尊重する社会の雰囲気--が挙げられる。00年代に入り、新生児の包茎手術が「トラウマ」を残すという研究結果も出てきた。

カン・ドンウ性医学クリニックのカン・ドンウ院長は「個人で衛生管理ができるなら包茎手術をする必要はない。病気などの理由で必ずしなければならない人は2%にしかならない」と話した。

ソウル大のチョ・ビョンヒ教授(保健大学院)は「かつて包茎手術は他の外科手術とは違い、親が未成年者の子どもにさせていた」とし「親の世代とは違い、青少年の自己決定権を尊重する社会の雰囲気が形成されたことも手術を減少させた」と解釈した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP