주요 기사 바로가기

チョ・ソンミン氏自殺、子どもと会えない心労が背景か

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2013.01.06 11:40
0
チョ・ソンミン氏の死亡の知らせに哀悼の波が続いている。

チョ・ソンミンの死で母親のチェ・ジンシル、叔父のチェ・ジニョンも失っている長男ファンヒと長女ジュンヒの心身状態に対する心配も大きくなっている。ファンヒとジュンヒは昨年KBS第2テレビ「ハッピーサンデー」の「男の資格」プロジェクトのひとつ「ファミリー合唱団」に出演した。2人は悲しみを振り払ったような姿で多くの視聴者を安心させた。

ネットユーザーらは「子どもたちはどうするのか。とても残念だ」「いっそ記事を見なければいいだろう」「放送では明るく見えたが…」と気遣った。

チョ・ソンミンの知人は本紙との通話で、「最近までもチョ・ソンミンは特別なことはないようすだった。ただ子どもたちに会えずつらいようだった。これにより極端な選択をしたとみられる」と話した。

チョ・ソンミンは2000年に女優のチェ・ジンシルと結婚して話題を集めたが3年9カ月で離婚した。その後チェ・ジンシルが悪性のデマに苦しめられ2008年に自殺し、チョ・ソンミンは養育権問題をめぐり厳しい時期を送った。2010年にはチェ・ジンシルの弟のチェ・ジニョンも自殺している。

チョ・ソンミンは1995年から2002年まで日本のプロ野球巨人で活躍した。その後韓国に戻り2005年から2007年までハンファで現役生活を過ごし、2011年から昨年までは斗山(トゥサン)の2軍ブルペンコーチを務めた。韓国でのプロ通算成績は3勝4敗4ホールド平均自責点5.09だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    チョ・ソンミン氏自殺、子どもと会えない心労が背景か

    2013.01.06 11:40
    뉴스 메뉴 보기
    自殺したとみられるチョ・ソンミン氏。
    TOP