주요 기사 바로가기

10代女性5人に性的暴行、初の「化学的去勢」決定=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.01.03 17:40
0
裁判所が「性衝動薬物治療(化学的去勢)」制度の施行後初めて、未成年者への性的暴行容疑で起訴された30歳代の男に対し、3年間の性衝動薬物治療を決定した。

ソウル南部地裁は3日、未成年者5人に性的暴行をした容疑(性暴行犯罪の処罰等に関する特例法違反)で逮捕、起訴されたP被告(30)に懲役15年を言い渡し、個人情報の10年間公開、電子足輪の20年間着用を命じた。 また3年間の性衝動薬物治療を決定した。

P被告は未成年者5人と性関係を持った後、裸の写真と映像をネットで広めると言いながら刃物で脅し、性的暴行をした容疑で逮捕、起訴された。

ソウル南部地裁は「P被告が過度な性的幻想など重症と判断される」と明らかにした。 続いて「性を買う行為から被害者を性的暴行して撮影し、これで脅迫までするなど、罪質が極めて悪い。 被害者も強い処罰を望んでいる」と決定の理由を明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP