주요 기사 바로가기

【コラム】金正恩に似ている安倍首相(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.12.28 11:09
0
金正恩(キム・ジョンウン)と日本の首相、安倍晋三は思想の座標では両極端だがひどく似ているところがある。2人とも頑固な内在的論理で重要な政策を決める。国際世論や隣国との関係よりは国内政治の必要に応じて一人はミサイルを打ち上げ、もう一人は保守・右翼の主張に迎合する政策を押し切る。そのようにして金正恩は北朝鮮をより一層孤立に追い立てて、安倍は失われた10年で象徴される衰残した経済と国家地位を回復する力と機会を使い果たしている。

先週、安倍は朴槿恵(パク・クネ)次期大統領に特使を送ろうとしたが失敗した。朴次期大統領側とは事前協議なしでマスコミに発表からして首相就任後、日程を再び決め自民党総裁ではなく日本首相の親書を持っていくのが道理というソウルと東京のさまざまなチャネルの建議によって特使派遣を延期したのだ。安倍内閣の顔を見れば安倍の特使派遣打診に韓国側で慎重に対応したのは正解だった。安倍内閣には独島(ドクト、日本名竹島)や慰安婦、歴史教科書問題で猛烈な極右指向の政治家たちが入閣している。安倍を肯定する日本の学者は彼が現実主義者(Realist)とイデオロギー(特定理念の信奉者)の2つの顔を持つ政治家で、首相の安倍はイデオロギーよりは現実主義者の顔を見せるだろうと見通した。安倍の内閣人選はそのような楽観論に冷水を浴びせた。

ジョセフ・ナイハーバード大学教授は先月、ファイナンシャルタイムズで安倍首相の内閣が内部指向的国家になるのではないか心配だと話した。彼は日本が国際社会で積極的な役割をせず、視線を中にだけ向けて大衆迎合的な民族主義に乗り出していけば日本とともに世界が不幸になることだと警告した。しかし安倍には外部の善意の忠告は馬耳東風だ。それは金正恩が長距離ミサイルを発射すれば北朝鮮に対する制裁が強化されて北朝鮮はより一層孤立してすでに限界に達した北朝鮮国民らの生活はより一層窮乏されるという警告が大陸間弾道ミサイル試験を防げなかったことと同じだ。

安倍は朴槿恵大統領就任式に来たがっている。特使を送るのも安倍の就任式出席を議論するためだ。安倍の就任式出席を契機に朴・安倍首脳会談が開かれて韓国・日本間の3大懸案である独島、慰安婦、歴史教科書問題を議論しながら李明博(イ・ミョンバク)政府で破局直前まで進んだ韓国・日本関係復元の基本軌道を敷くのは歓迎すべきことだ。しかし朴槿恵大統領は韓国の立場を明確にして3大懸案解決の最低ラインに釘をさすことが重要だ。独島は韓国・日本間の懸案ではない。歴史歪曲はさらに広い長期的な問題だ。私たちに現実的に至急なことは慰安婦問題だ。


【コラム】金正恩に似ている安倍首相(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP