주요 기사 바로가기

公共機関セクハラ被害者91%「我慢する」…韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.12.27 16:51
0
公共機関に勤めるAさん(28、女性)は会食が苦痛だ。 男性上司が「近くに座りなさい」と言っていやらしい目つきをしたり、何気なく性的な冗談をいうことが多いからだ。 カラオケに行けば「雰囲気を盛り上げるために女性が歌いなさい」と言ったりもする。 Aさんはその度に聞こえていないふりをする。 雰囲気を壊さないか、上司に目を付けられないかと不安を感じている。

セクハラを経験した公共機関の職員の10人に9人はただ我慢して済ませていることが調査で分かった。

女性家族部は韓国リサーチ・中央大学に依頼し、政府・地方自治体・学校など公共機関の職員7957人を対象に実施した「2012年公共機関セクハラ実態調査」の結果を26日、発表した。

調査の結果、セクハラ被害者の90.8%は「我慢して済ませる」と答えた。 また、同僚が被害を受けるのを目撃した場合、80%は「知らないふり」をする。 理由は「業務・人事考課上の不利益が心配」が29%で最も多かった。 次いで「問題が解決するとは限らない」(27.5%)、「うわさ・評判に対する心配」(17.4%)、「助けを受けられるところがない、または知らない」(7.2%)などの順だった。 「大きな問題とは思わない」も14.5%にのぼった。

公共機関でもセクハラへの対応は十分でない。 機関内のセクハラ問題関連予算は平均62万9000ウォン(約5万円)で、予算がない機関も24.7%にのぼった。 担当相談員がいない機関も29.4%だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP