주요 기사 바로가기

北朝鮮「戦争の導火線に火をつける危険な妄動」…前方の電飾を非難

ⓒ 中央日報日本語版2012.12.25 16:47
0
北朝鮮は、西部戦線最前方の愛妓峰灯塔でクリスマスツリー型の電飾が点灯されたことに対し、北侵略戦争の導火線に火をつけようとする危険な妄動だと非難を繰り返した。

25日の韓国国内の報道によると、朝鮮中央通信は前方地域で今後どのようなことが起きるかは誰も予測するのが難しく、すべての災難の責任は韓国政府が負うことになるだろうと主張した。

ソウル永登浦のある教会は国防部の承認を受け、22日に西部戦線の愛妓峰でクリスマスツリー型の電飾を始めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP