주요 기사 바로가기

韓国野球にWBCとは?…「日本克服の歴史」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.12.25 09:58
0
韓国野球はWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)を通じて“克日の歴史”を書いてきた。06年WBCの日本戦の成績は2勝1敗、09年WBCでは2勝3敗で互角だ。最後の韓日戦は惜しまれる。06年は準決勝で敗れ、09年は決勝で日本の優勝の胴上げを見なければならなかった。3度目の挑戦。2013年、WBC韓国代表は「最終戦の勝利」を夢見る。

準備過程は違う。韓国はエントリー28人を維持するために2度目の選手入れ替えを行った。一方、日本は余裕を持って34人でエントリーを構想した後、最終エントリー確定時期を調整している。海外組と負傷選手に対する態度の違いだ。

韓国野球委員会(KBO)は21日、WBC韓国代表チーム予備名簿から柳賢振(リュ・ヒョンジン、LAドジャース)、金広鉉(キム・グァンヒョン、SK)、洪相三(ホン・サンサム、斗山)を除き、徐在応(ソ・ジェウン、起亜)、李庸燦(イ・ヨンチャン、斗山)、車雨燦(チャ・ウチャン、サムスン)を含めた。柳賢振はメジャー初年の適応問題で、金広鉉と洪相三はけがで大会出場が難しくなった。

しかしまだ選手入れ替えの可能性が残っている。シンシナティーに移籍した秋信守(チュ・シンス)の大会参加がまだ決定していないからだ。秋信守が大会不参加を宣言する場合、外野手を新たに加える必要がある。日本は早くから海外組に対する未練を捨てて、国内選手だけでエントリーを組んだ。

大韓民国の指揮官の悩みは大きい。しかし「苦難」を先に受け入れるという覚悟を決めた。韓国代表の柳仲逸(リュ・ジュンイル)監督(49)は23日、「始まりから大変だ」と語った後、「秋信守は本人が決めた後に知らせると話している。ユニフォーム発表会がある1月15日までには28人の最終エントリーが決まるだろう」と伝えた。

柳監督は「確実な28人の名簿確定」を最優先課題にしている。日本は韓国より3週間ほど遅い今月5日、WBC代表チーム予備名簿34人を発表した。6人の追加脱落者の発表は後回しにしている状態だ。その代わりにWBC予選第1ラウンド第1・2戦の先発に田中(楽天)と前田(広島)を内定し、WBC公式球適応練習を始めながらチームに緊張感を与えた。

韓日両チームの長短所ははっきりしている。韓国はチームワークを、日本は選手の感覚を重視する。こうした動きについて、日本のスポーツ報知は「韓国と日本の大会準備の開始時期が異なる。韓国は選手のけがなど でWBC準備に支障が生じている」と評価した。

しかし柳監督は「心配や不安なしに解決することなどない」とし「選手各自が自分で考えて自主トレをしている。日本がリードしているとは思っていない。やってみなければ分からないことだ」と答えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国野球にWBCとは?…「日本克服の歴史」

    2012.12.25 09:58
    뉴스 메뉴 보기
    2013年、WBC韓国代表は「最終戦の勝利」を夢見る。
    TOP