주요 기사 바로가기

<韓国大統領選>反省の文在寅氏「民主党だけでは厳しい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.12.22 12:01
0
韓国大統領選挙で敗れた民主統合党の文在寅(ムン・ジェイン)氏が3日連続で反省の言葉を述べた。

21日には市民社会出身者で構成された市民キャンプ解団式に出席し、「支持を受けた1500万人近い国民に申し訳なく、歴史の前に大きな罪を犯した」と述べた。文氏は大統領選挙当日の19日夜、ソウル永登浦党事務所で「敗北を認める。私の失敗であり、新しい政治を望むすべての方々の失敗ではない」と語った。

20日の選挙対策委員会解団式では「候補の不足のほか、私たちに何が足りなかったのか確認しなければいけない。親盧(盧武鉉系)の限界であるかもしれず、民主党の限界であるかもしれない。また、私たちの陣営の論理に閉じこもり、中間層の支持を受けて拡張していくのに不足するところがあったのかもしれない」と診断した。

この日の解団式では「民主党の力だけでは新しい政治をするのは難しく、政権交代も民主党の力だけでは難しいというのが、今回の選挙過程でみんな一緒に確認し、切実に感じた」と吐露した。1469万票、有権者48%の支持を得た文氏だが、「民主党が外縁を拡大できなかった」と評価したのだ。ある側近は「自ら『私は親盧』と話してきた文氏が自分の陣営に向かって苦言を呈した」と説明した。

今年の大統領選挙で文氏が最も力を注いだのは、安哲秀(アン・チョルス)氏との候補一本化で分かるように陣営の拡大だった。党内で「安氏がいなかったら大敗していた戦い」という声が出るのも、安氏以前の民主党は狭い枠の中に閉じこもっていたことを見せている。民主党は4月の総選挙から党代表選挙、大統領選党内選挙まで、理念に強くとらわれた陣営論理と派閥覇権主義に対して批判を受けてきた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <韓国大統領選>反省の文在寅氏「民主党だけでは厳しい」

    2012.12.22 12:01
    뉴스 메뉴 보기
    韓国大統領選挙で敗れた民主統合党の文在寅(ムン・ジェイン)氏が21日、ソウル汝矣島の東和ビルで行われた市民キャンプ解団式を終えて出てきている。
    TOP