주요 기사 바로가기

<野球>外国人選手、日本でなく韓国球団を好む理由は?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.12.20 16:18
0
外国人選手の選択に変化が表れている。 日本と韓国の球団が獲得競争する場合、韓国行きを選択するケースが増えている。 韓国の球団が日本の球団より好まれるという話が出るほどだ。

わずか2、3年前まで、韓国で成功した外国人選手は決まって日本に渡っていた。 韓国球団よりも日本球団の年俸が高いからだ。 外国人選手初のMVPのウッズ(元斗山)をはじめ、最近ではヒメネス(元斗山)まで、10人以上の選手が韓国を経て日本に渡った。 両国の球団が競争する場合も同じだった。 日本球団との獲得戦で韓国球団が勝つケースは少なかった。

しかし最近は変化が感知されている。 今季ロッテ・ジャイアンツに入団したユーマン(33)は昨年、台湾リーグで好投した。 日本行きか韓国行きかを悩んだ末、韓国のロッテ入団を決めた。 今季13勝したユーマンは来年もロッテで投げる。 ハンファのバティスタ(32)も韓国残留を選択した。 バティスタは先発投手に転向した後半の10試合で3勝3敗、防御率2.41をマークした。自然な流れで日本球団がバティスタに接触してきた。 しかしバティスタはハンファとの再契約をいち早く決定した。 日本行きの噂が出ていた起亜のソーサ(27)も韓国に残る可能性が高いという。

逆転現象が起きている最も大きな理由はお金だ。 韓国でプレーする外国人選手の年俸(オプション含む)は規約上の上限ライン30万ドル(約3億2000万ウォン)を大きく上回るというのが定説だ。 最近のイブランド(ハンファ)の例でも明らかになったように、能力ある選手は100万ドルほど受けるという話が公然と出てきている。 放出される場合も残余年俸が保証される契約が多く、失敗の負担も少ない。

1軍出場が保証されるリーグ構造も関係している。 ハンファの関係者は「バティスタが日本にいるドミニカ出身の友人の助言を聞いて韓国残留を決めた。 2軍生活が厳しいという話を聞いたようだ」と説明した。 日本は外国人選手の数に制限がなく、1軍登録は4人まで可能だ。 1球団当たり普通7、8人の外国人選手がいるため、半分ほどの選手は2軍生活となる。 外国人選手の立場では、1軍で出場機会をつかめる韓国は魅力的だ。生活的な側面も考慮の対象だ。 外国人選手の間では、昨年の地震と原発事故以降、日本を避ける雰囲気が形成されている。 ブレント・リーチ(元横浜)のようにチームを無断で離れるケースもある。 斗山から2011年に楽天に移籍したヒメネスも同じ理由で「韓国に戻りたい」という希望を明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>外国人選手、日本でなく韓国球団を好む理由は?

    2012.12.20 16:18
    뉴스 메뉴 보기
    ロッテ・ジャイアンツのユーマン(33)
    TOP