주요 기사 바로가기

潘基文国連事務総長「北ミサイル発射は国際社会への挑戦状」

ⓒ 中央日報日本語版2012.12.20 15:21
0
潘基文(パン・ギムン)国連事務総長は、北朝鮮が国際社会の懸念にもかかわらず12日に長距離ミサイル発射を強行したことに関し、安全保障理事会の「適切な措置」を期待すると述べた。

20日の韓国内メディアによると、潘事務総長は19日(現地時間)、「北朝鮮の挑発的なミサイル発射は地域の懸念を招き、国際社会に挑戦状を突きつけるものだ」とし「安保理が適切な方法で結果を出すことを期待する」と述べた。

また「今は中国と日本、韓国など北東アジア各国で権力交代が行われている時期」とし「新しい指導者が紛争の平和的解決と安定の原則に基づいて、よりよい未来を建設することに力を注ぐことを望む」と明らかにした。

潘事務総長は「何よりも南北間の対話と交流、協力が可能になるよう支援するため、北朝鮮を訪問して北朝鮮指導部と関連懸案について議論する準備ができている。私にできることなら何でもする」と述べ、訪朝の意思があることを再確認した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP