주요 기사 바로가기

米裁判所、アップルの「サムスン製品販売差し止め」要求を棄却

ⓒ 中央日報日本語版2012.12.18 14:59
0
米裁判所がサムスン電子のスマートフォンに対するアップル側の販売差し止め仮処分申請を棄却した。

韓国メディアは18日、海外メディアを引用し、米カリフォルニア州サンノゼ連邦地裁のルーシー・コー判事が17日(現地時間)、サムスン電子26製品の米国内永久販売差し止めを求めたアップルの主張を棄却した、と報じた。

対象のスマートフォンは8月の陪審員評決でアップルの特許を侵害したと認められたものだ。このうち23製品はすでに米国で販売されていない機種で、現在、ギャラクシーS2、ギャラクシーS2エピック、ギャラクシーS2スカイロケットの3製品だけが販売されている。

アップルは当初、陪審員が特許侵害を認めたスマートフォン26製品の永久販売差し止めを主張した。しかしサムスン電子は、23製品は米国ですでに販売されていないうえ、販売機種もデザインのう回などで侵害していないため、販売差し止め処分は不当だと反論した。

今回の裁判所の決定で、アップルと世界各地で販売差し止め訴訟戦を繰り広げているサムスン電子は他国の類似訴訟で有利な状況になったと、韓国メディアは分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP