주요 기사 바로가기

韓国、厳しくなる暮らし向き…総貯蓄率30年来の最低に(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.12.13 11:41
0
韓国経済の底力が下がり続けている。投資と消費の源泉である貯蓄余力が30年来の最低値まで墜落した。所得停滞と負債増加で家計の暮らし向きが厳しくなったためだ。

韓国銀行と統計庁が12日に明らかにしたところによると、韓国の総貯蓄率は第3四半期末現在30.4%を記録した。1982年第3四半期の27.9%以降で最も低い。総貯蓄率は政府と個人、企業など各経済主体が稼いだ所得で税金と準租税、利子、消費支出などを差し引いて余ったお金の比率だ。未来のために貯蓄できる余裕資金の規模を現わす。

総貯蓄率の下落は景気の影響が大きい。この比率はオリンピック特需と「3低好況」を享受した80年代後半と90年代初期に高止まりした。88年第3四半期には41.5%で統計作成以来の最高値を示した。しかし翌年には38.1%に落ち、通貨危機直前の96年には36.5%まで落ちた。カード大乱発生直前の2002年には30.5%まで下落した。

金融危機が起きた2008年に30.4%まで落ち込んでからは小幅の騰落を繰り返し20%台に迫る状況になった。LG経済研究院のコ・ガヨン研究員は、「総貯蓄率下落は企業や個人の投資と消費の財源が減るという意味で未来の成長率に悪影響を及ぼす」と説明した。

個人の貯蓄余力がさらに縮んだことはさらに大きな問題だ。個人貯蓄率は88年の19.8%から昨年は4.3%まで低くなった。

個人貯蓄率が総貯蓄率で占める割合も同じ期間に46.2%から13.5%に急落した。これに対し政府と企業の貯蓄率は下がっておらず、全体で占める割合も拡大した。現代経済研究院のイ・ジュンヨプ研究委員は、「成長率が減少し落水効果も弱くなり個人の役割は着実に減っていった。これは再び政府歳入を減らし、個人負債を増やして内需を悪化させる要因になる」と指摘した。個人が貯蓄をしないのではなくできないとみなければならないということだ。
韓国、厳しくなる暮らし向き…総貯蓄率30年来の最低に(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、厳しくなる暮らし向き…総貯蓄率30年来の最低に(1)

    2012.12.13 11:41
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の投資と消費の源泉である貯蓄余力が30年来の最低値まで墜落した。
    TOP