주요 기사 바로가기

<フィギュア>帰ってきた女王キム・ヨナ「ライバル?気にしない」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.12.12 14:00
0
帰ってきた女王キム・ヨナ(22)が11日、仁川空港に到着した。 キム・ヨナは独ドルトムントで開催されたNRW杯でショートプログラムとフリーの合計201.61点をマークし、優勝した。 目標にしていた技術点(ショート28.00+フリー48.00)も軽くクリアした。 記者会見場に入ったキム・ヨナの表情には余裕があふれていた。

--大会の結果がよかった。 感想は。

「気分がいい。 多くの方々から応援があった。 最善を尽くした結果が出たようだ。 本当にうれしい」

--大会に出場して補完すべき点も分かったと思うが。

「(フィギュアは)毎シーズン、ルールが変わっている。 今回はスピンに注意した。 今季初めてするスピンもあった。 練習では特に問題がなかった。 しかしが競技を終えて点数を見ると、レベル4を目標にしていたのがレベル3だった。 実戦でうまくできなかったのか、構成の問題かを確認しなければいけない。 小さな部分だが、影響があるので気になる。 一つひとつを確実にしたい」

--長いブランクからの復帰戦だった。 体力的に厳しいところはあったか。

「1年8カ月間のブランクがあった。 公演はしていたが、競技は久しぶりだ。 休んでいる間は練習量を減らした。 肉体的にきついが、バンクーバー五輪当時よりも軽い気持ちで臨んだ。 しかし練習よりも実戦で緊張した。 息苦しくもなった。 しかし頑張って練習したので、実戦でもそれほど無理はなかった」

--1月の全国フィギュア総合選手権大会に向けて準備しているが。

「NRW杯でよいスタートを切った。 足りない部分も確認した。 コンディションも悪くなかった。 久しぶりに国内で大会をする。 良い姿を見せなければいけないので、よりいっそう頑張りたい」

--ショートよりフリーでミスがあった。 練習ではうまくいったと聞いた。

「やはりショートは体力的な負担が少ない。 クリーンする確率が高かった。 フリーも順調だったが、最後にミスが出た。 体力的な問題ではなかった。 一度ジャンプが不安定になってそうなった。 ミスしたジャンプは自分が簡単に考えていたものだった。 少し油断した感じ? 体力的な問題ではない」

--1月までどんな練習をするのか。

「スピンは実戦で完壁にできるようにする。 レベル5を受けるために努力したい。 今季が終わるまで、プログラムで技術的な成功率も高め、振り付けや全体的なプログラムの流れをより滑らかにできるようにしたい。 競技をする体力は持っている。 もっと余裕を持ってできるように体力も上げていく」

--復帰してよかったと思うか。

「よかった、よくないというよりも、幸いだという思いが大きい。 長いあいだ競技に出ていなかった。 いくら練習しても、実戦では予想していないミスが出るのではないかと心配した。 予想よりは実戦でうまくいった。 心理的に楽になったのは確かだ」

--グランプリファイナルとほぼ同じ時期に開かれた。 女子フィギュアをどう見るか。

「過去に競争した選手がたくさん抜けた。 新しい選手がたくさん出てきた。 休んでいたので、参加しない大会には関心が向かなかった。 他の選手を気にするよりも、自分が頑張らなければいけない」

--世界選手権に臨む覚悟は。

「バンクーバーではクァク・ミンジョン選手と一緒に出た。 今回も韓国選手と一緒にする機会があればいい。 優勝しなければいけないというよりも、チケットを得ようという目標で軽い気持ちで臨もうと思う」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <フィギュア>帰ってきた女王キム・ヨナ「ライバル?気にしない」

    2012.12.12 14:00
    뉴스 메뉴 보기
    キム・ヨナ(22)。
    TOP