주요 기사 바로가기

<フィギュア>“女王の帰還”キム・ヨナ、シーズン最高点で優勝…日本メディアは警戒

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.12.10 09:36
0
女王の復帰が静かだったフィギュア界を揺さぶり起こした。キム・ヨナが完ぺきな復帰戦を行った。

キム・ヨナはドイツのドルトムントで韓国時間10日に閉幕した2012NRW杯で優勝した。8日のショートプログラムでは「吸血鬼の接吻」で技術点37.42点と芸術点34.85点で72.27点を取った。今シーズンの女子シングルショートプログラムで最高の点数だ。日本の浅田真央が11月のNHK杯で記録した67.95点を軽く超えた。10日に開かれたフリープログラムでも「レ・ミゼラブル」で技術点60.82点、芸術点69.52点、減点1点の129.34点を取った。合計201.61点で今シーズンの女子シングル選手で唯一200点の大台に乗った。浅田真央が前日のグランプリファイナルで作った今シーズン女子シングル最高点の196.80点を上回った。キム・ヨナ個人的には通算4度目の200点台となる。目標にした来年3月の世界選手権出場に向けたショート28点とフリー48点の基準技術点を大きく超えた。

8日のショートプログラム。やや緊張した表情でリンクに入ったキム・ヨナは1年8カ月ぶりの舞台のためか、5分ほどのウォーミングアップ時間にトリプルルッツとトリプルトゥループの連結ジャンプを2回行い、トリプルフリップも何度も点検した。氷の質を確認した後に自信を取り戻したキム・ヨナは、その後リンクを掌握した。高くてきれいな3回のジャンプは2010のバンクーバー冬季五輪当時と比較しても遜色がなかった。感情に訴える表現力も全盛期そのままだった。今年変わった規定により新たに準備したスピンでは若干ふらついたが、残りはパーフェクトに近かった。

9日に行われたフリープログラムでは「レ・ミゼラブル」のヒロインのコゼットを演じた。全体的に高難度のジャンプとステップ、スピンなどを無難にこなした。演技終盤のトリプルサルコー、ダブルトゥループのコンビネーションジャンプの途中に着地し尻もちをつくミスを犯したが、すぐに平常心を取り戻した。その後大きなミスもなく残った演技を終えた。息を殺した観客席はもちろん、2階欄干で競技を見守った大会関係者も感歎詞を吐き出した。この日審判だった大韓スケート連盟のコ・ソンヒ競技理事は、「審判もキム・ヨナがここまでうまくやるとは思わなかったと驚いた」と現場の雰囲気を伝えた。

海外メディアも称賛一色だった。AP通信は「女王の復帰戦は完ぺきだった」と伝え、米ワシントンポストも「五輪チャンピオンのキム・ヨナが復帰戦で完ぺきな演技をした。優雅で品位あるパフォーマンスだった」と絶賛した。ドイツのスポーツ紙記者は、「キム・ヨナは本当に愛らしい演技をした。期待も大きかったが、その期待を上回った。ドイツの記者はみんなキム・ヨナの演技が本当に好きだ」と喜んだ。

ただし日本メディアは警戒する雰囲気だ。スポーツ報知は「1年8カ月ぶりに実戦復帰したキム・ヨナの点数が浅田真央を大幅に上回った。真央の強力なライバルが帰ってきた。キム・ヨナがほぼノーミスの演技を披露した」と報道した。ドイツでキム・ヨナを取材したTBSの記者は「今回の対戦だけで見るとキム・ヨナが浅田真央に勝った。バンクーバー冬季五輪と比較しても特別な違いを感じることはできなかった」と話した。

変わらぬ技量を見せてカムバック舞台を成功裏に終えたキム・ヨナは10日に帰国の途に就いた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <フィギュア>“女王の帰還”キム・ヨナ、シーズン最高点で優勝…日本メディアは警戒

    2012.12.10 09:36
    뉴스 메뉴 보기
    キム・ヨナ。
    TOP