주요 기사 바로가기

“暫定引退”キム・ジャンフン「韓国を離れて…」爆弾宣言

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.12.08 14:16
0
「誰が40歳を不惑といったのか。40歳をはるかに過ぎても、悩みはたくさんあった」。来年4月6日に韓国を離れるキム・ジャンフン(45)が国内活動暫定引退を宣言した。

キム・ジャンフンは7日午後2時からソウル独島(ドクト、日本名・竹島)体験館で開かれた10集アルバム「adieu」発売記念記者懇談会で、「来年4月6日に韓国を離れ、3年間ほど海外活動をした後、失敗すれば歌手を引退する」と爆弾宣言をした。

この日のキム・ジャンフンは決然としていた。自ら「引退」という言葉を数回繰り返した。それほどキム・ジャンフンの2012年は苦しかった。親友だった歌手PSYとの不和説が浮上し、SNSで自殺騒ぎがあった。最近は後輩コ・ウンアとの熱愛説を“ふざけて”広めて物議をかもした。“独島の門番”“寄付天使”など社会活動で相変わらず注目度は高かったが、本業の歌手活動が振るわなかったという点がキム・ジャンフンを苦しめた。

キム・ジャンフンは「今回が公式的に最後の記者懇談会になりそうだ。海外活動で成功しなければ、韓国でもうマイクを握ることはないと思う」と述べた。キム・ジャンフンは「“寄付天使”“独島の門番”という表現は自分には苦痛だった。社会的には有名になったが、“公演の誰”“ライブの誰”とは呼ばれなくなった。『韓国で歌手としてのキム・ジャンフンは終わった』という言葉も出てきた。しかし私の本質(歌手)が消えれば私は生きていけない」と話した。

続いて「心の中で『なぜ自分はこの程度でしかないのか』という気がした。歌がなければ私は死ぬ。それで海外活動を決心した。中国と米国で歌で真剣勝負をしたい。無謀だが、国家代表という気持ちで挑戦する」と伝えた。

1時間ほど行われた記者懇談会の後、キム・ジャンフンはこらえていた涙を流した。準備されたテーブルの上にマイクを置くパフォーマンスも見せた。

キム・ジャンフンはファンと別れのあいさつをするため2つの贈り物を準備した。6年ぶりのアルバム「adieu」を発表したのが最初だ。10集にはタイトル曲「someday」、ヒット曲「歌だけ歌った」のリメークバージョン、5月にPSYと発表したシングル「陽射しの良い日」のリメークバージョンなど計10曲が収録されている。自ら「これ以上は作れない」と話すほど、22年間の歌手活動のすべてを注いだ。

20日から25日まではソウル蚕室室内体育館で単独コンサート「キム・ジャンフン・ワンマンショーadieu」を開く。特殊効果などをできる限り減らし、“ボーカル”キム・ジャンフンのカラーを生かす計画だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    “暫定引退”キム・ジャンフン「韓国を離れて…」爆弾宣言

    2012.12.08 14:16
    뉴스 메뉴 보기
    キム・ジャンフン
    TOP