주요 기사 바로가기

奇襲寒波のため…早くも電力危機=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.12.07 10:43
0
奇襲寒波と大雪で早くも電力不足が懸念されている。来年1月中旬をヤマ場と見ていた韓国政府は意表を突かれた格好だ。企業やビル・住宅の節電が円滑に行われなければ、大規模停電も懸念される。

6日午前10時25分、ソウル三成洞の電力取引所状況室。予備電力を表す針が397万キロワットに落ちた。全国発電所の電気供給容量は7685万キロワットだが、需要は7288万キロワットに達した。このまま予備電力「400万キロワット以下」が20分間続けば「関心」段階の電力警報が発動される。幸い、5分後に予備電力は400万キロワットを回復した。

また韓国電力需要管理チームがあらかじめ約定した約1300産業体を対象に節電に動いたことで、状況の悪化を防ぐことができた。韓電はこの日午前9時ー11時30分、ポスコ・現代製鉄などの工場に節電を要請し、需要を175万キロワット減らした。

知識経済部は当初、気象予報などに基づき1月第3ー4週を今年の冬の電力需要ピークとみていた。氷点下10度前後で、予備電力が127万キロワットまで落ちると予想した。この場合、企業の計画停電や民間自家発電機の動員で、予備電力を400キロワット以上に維持するという非常対策も立てた。ところが突然の寒波で、こうした緊迫した状況を予想より早くから迎える可能性が高まった。

さらに原子力発電所の偽造部品問題も出てきた。先月5日に偽造した「部品検証書」のために停止した全羅南道霊光5・6号機(約200万キロワット容量)は再稼働の時期が不透明だ。洪錫禹(ホン・ソクウ)知識経済部長官は「部品交換を今月中旬まで完了しても、安全に対する住民の同意がなければ稼働しない」と述べた。

妙案がない政府は節電の呼び掛けている。ソン・ユジョン知経部エネルギー節約推進団長は「午前10時ー昼12時と午後5-7時の電力消費が最も多い。この時間に電熱器などの使用を減らせば電力不足を乗り切るのに大きく役立つ」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP