주요 기사 바로가기

「韓国、電気が石油より安い唯一の国」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.12.05 16:46
0
安い電気料金を維持すれば、大規模停電(ブラックアウト)を招く可能性が高いという警告が出された。4日、ソウル太平路の韓国プレスセンターで開かれた中央日報エネルギーフォーラムでだ。

テーマ発表をしたキム・チャンソプ嘉泉大エネルギーIT学科教授は「電気料金が生産コストにもならないうえ、他国に比べて過度に安く、電力過消費を誘発している」と述べた。

キム教授は「韓国は2次エネルギー(電気)が1次エネルギー(石油)より安い唯一の国」と指摘した。次期政府が選択する代案として、「安い電気料金に税金を追加する方式で消費を抑制する必要がある」と主張した。電気税を新設しようということだ。

「次期政権がとるべき望ましいエネルギー政策方向」というテーマのセミナーで、キム教授は現在エネルギー源別に分かれている各種エネルギー税金を一つに統合すると同時に、目的税のエネルギー税金を一般税に転換し、予算運用の柔軟性を高めるべきだと主張した。また「安い電気料金は暖房の需要まで電気に集中させた。この10年間に電力消費が2倍近く急増した」と指摘した。


「韓国、電気が石油より安い唯一の国」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国、電気が石油より安い唯一の国」(1)

    2012.12.05 16:46
    뉴스 메뉴 보기
    4日午前、韓国プレスセンターで開かれた中央日報エネルギーフォーラムで出席者が討論している。真ん中がテーマ発表者のキム・チャンソプ嘉泉大学教授、左側がシム・サンボク中央日報経済研究所長、右側がイ・ジョンス ソウル大教授(共同発表者)。
    TOP