주요 기사 바로가기

<WBC>韓国、“日本キラー”奉重根をエントリーから外す

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.11.30 14:52
0
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)韓国代表の指揮官、柳仲逸(リュ・ジュンイル)サムスン監督(49)が初めてエントリー変更を行った。奉重根(ボン・ジュングン、31、LG)を外し、張元準(チャン・ウォンジュン、27、警察)を含めた。

柳監督は11月29日、「不可能なら早めに交代するのがよい。奉重根は4カ月間ほどリハビリが必要だと聞いた。奉重根を抜いて張元準を28人のエントリーに含めることにした」と明らかにした。

奉重根とLGは22日、WBC不参加を宣言した。左肩の検診の結果、4カ月間ほどリハビリが必要だという結果が出たからだ。柳監督は「奉重根の状況を聞いた。(WBCが開催される)来年3月まで良くなる状態ではないようだ」と話した。

柳監督は韓国野球委員会(KBO)技術委員会と代わりの選手の選抜について話し合い、張元準を含めることにした。奉重根と同じ左腕で、先発・救援とも可能な投手という点が魅力的だった。

張元準はロッテ1軍で先発を務めた。しかし今年は警察野球団で軍服務しながら先発・救援に関係なく投げている。今季フューチャーズリーグの成績は37試合の登板で6勝4敗15セーブ、防御率2.39。10試合に先発し、27試合は救援で登板した。

柳監督は「張元準が軍服務中で、今年1軍で投げていないが、4年連続10勝以上(08-11年)をマークするなど安定した投球を見せてきた。フューチャーズリーグでも好投している」と説明した。

WBC代表チームは張元準を選択し、左腕投手に対する悩みを減らした。しかし左腕エースの追加離脱が予想される。米メジャー進出を控えた柳賢振(リュ・ヒョンジン、25、ハンファ)と左肩に不安を抱える金広鉉(キム・グァンヒョン、24、SK)の出場が不透明だからだ。

奉重根-張元準のように必ずしも左腕と左腕を入れ替える必要はない。 柳監督は「技術委員会ととともに50人の予備名簿を準備した。 追加離脱者が出れば、この50人の中から交代選手を探すことになるだろう。 柳賢振と金広鉉がWBCに出場できない状況なら、交代しなければならない。 しかしまだ確実な話は聞いていない。 いずれにしても今後もエントリーの入れ替えは可能」とし「左腕投手よりよい右腕投手がいれば、その選手を選ぶ考え。 左右のバランスも考えるが、他の代案も準備する。 実際に追加離脱に対応して次善策は準備している」と説明した。

一方、日本メディアは30日、「WBCI(WBC主催側)がエントリー提出日を11月30日から1月16日に変更した」と報じた。 KBO関係者はこの日午前、「現在までWBCIからエントリー提出の変更に関する説明は聞いていない。 ちょうど実務者がWBC関連会議のために米国に行っている。 われわれは28人のエントリーを準備しておいた。 今日提出する可能性もあり、遅らせて提出する可能性もある。 実際、入れ替えが比較的自由なため、エントリー提出日はそれほど重要ではない」と述べた。

柳監督と技術委員は本来の予定日である11月30日に28人の予備エントリーを提出するために名簿を作成した。 「奉重根の状態が確認されたため、張元準に準備する時間を与えるべきだ」という考えもあり、1次エントリーの入れ替えが決まった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <WBC>韓国、“日本キラー”奉重根をエントリーから外す

    2012.11.30 14:52
    뉴스 메뉴 보기
    WBC韓国代表エントリーで、奉重根(ボン・ジュングン、左)に変わってメンバーに含められた張元準(チャン・ウォンジュン)。
    TOP