주요 기사 바로가기

【時論】中国経済の大転換、韓国には機会だ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.11.29 11:41
0
中国が咳をするだけで韓国経済はインフルエンザにかかる時代だ。依存度がとても高い。輸出の約24%が中国向けだ。中国の消費者が韓国の業界地図を変えたりもする。そんな中国経済が停滞している。今年第3四半期に中国の経済成長率は7.4%で、7四半期連続で下落した。当然対中輸出が危険になるほかない。毎年2桁を記録した輸出増加率は今年に入り9月までで前年同期比0%水準に落ちた。ちょうどこんな時期に習近平時代の幕が上がった。習近平時代の韓中経済協力は果たしてどのように進むだろうか。

まず中国のマクロ経済指標から見てみよう。中国政府は成長率鈍化の懸念から9月に強力な浮揚カードを切った。大規模投資プロジェクトを再び許可し、通貨供給も増やした。中央政府はすでに第3四半期だけで総額5兆元を超える大規模投資を承認した。政府が決心さえすれば投資財源調達は問題ではない。国有金融機関を動員すれば良いという話だ。地方政府はこれをよく知っている。政府の意図を読んで一歩先を行く。中国政府の動きだけで見るなら、経済指標が悪い時が逆説的にも良いビジネスチャンスであり、好況が続けばむしろリスク管理が必要という話だ。

経済が完全に回復の兆しを見せればすでに景気過熱と構造悪化を懸念する中国政府の規制が待っており事業環境は悪化しかねない。中国政府が景気浮揚の意志を持ち始めたいまがむしろ機会になる。

 
中国の対外経済領域もやはり韓国に機会を提供する。中国は世界金融危機以後、米国の保護主義攻勢と為替圧迫に苦しめられている。また、60万ウォンのアップルのiPadを中国で組み立て1台当たりわずか1万2000ウォン程度の賃金を支払っていることに怒っている。北京当局としては少し「弱い」協力相手が必要だ。中国企業が必要とする標準化された費用削減型技術は韓国企業が持っている。韓国と中国のウィンウィン協力が可能な理由だ。韓国経済は先進国と中国の間に挟まった「サンドイッチ経済」に例えられるが、サンドイッチの味を決める核心は中に挟まれた内容物だ。1000万を軽く超える立ち後れた中小企業を近代化しなければならない中国としては韓国との産業協力は切実だ。


【時論】中国経済の大転換、�国には機会だ(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP