주요 기사 바로가기

韓国ロケット「羅老」 540秒を乗り越えろ…きょう最後の挑戦(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.11.29 08:39
0
韓国から打ち上げる初の人工衛星搭載ロケット「羅老」(KSLV-1)が宇宙の扉を開く準備を終えた。打ち上げを翌日に控えた28日、全羅南道高興の羅老宇宙センター発射台で約6時間にわたり行われた総点検(リハーサル)の結果、異常は見つからなかった。

韓国航空宇宙研究院の羅老宇宙センターはこの日、打ち上げ時間帯別に関連装備と「羅老」を点検した結果、問題点はなかったと公式発表した。しかし韓ロ技術陣は先月26日にも打ち上げ直前に予期せぬ状況が発生しただけに、緊張を維持している。総点検とはいえ、実際にはヘリウムガスや液体酸素、燃料などは注入していないため、打ち上げ直前に変数が発生する可能性も排除できない。

先月25日の総点検でも問題はなかった。しかし打ち上げ当日にヘリウムガスを注入した際、硬貨サイズよりやや大きいゴムリングの一つが破損したのが発見され、打ち上げを延期した。韓ロ技術陣はこの日、問題のゴムリングが入る「アダプターブロック」(羅老の燃料・ヘリウム注入口)を丸ごと取り替えた後、数回点検した。

きょう午後打ち上げ予定の「羅老」の1次成敗は発射9分後に判明する。その時間には地球の上空約302キロに到達した「羅老」の2段目ロケットが科学衛星を分離し、宇宙軌道に入る。科学衛星が分離しなかったり、軌道に乗らなければ失敗だ。KAIST(韓国科学技術院)人工衛星研究センターと科学衛星の間で交信が行われれば完全に成功だ。

韓国航空宇宙研究院の金承祚(キム・スンジョ)院長は「1回目の打ち上げ失敗の原因である衛星フェアリングと、2回目の失敗の原因と推定される2段目の高電圧装置、自爆装置などを補完し、先月問題になったアダプターブロック部品も交換したので、よい結果を期待している」と述べた。

仮に今日の打ち上げ過程でまた問題が発生すれば、韓国が国際機構に通知した打ち上げ予定期間の12月5日以内に打ち上げればよい。期間がさらに必要な場合は日程を改めて国際機構に通知しなければならない。
韓国ロケット「羅老」 540秒を乗り越えろ…きょう最後の挑戦(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国ロケット「羅老」 540秒を乗り越えろ…きょう最後の挑戦(1)

    2012.11.29 08:39
    뉴스 메뉴 보기
    「羅老」に搭載されて打ち上げられる「羅老科学衛星」との交信リハーサルが27日、大田(テジョン)韓国科学技術院(KAIST)人工衛星研究センターで実施された。羅老科学衛星はスクリーンに見える世界地図上の動線に沿って一日に地球を14周する。発射から約12時間後に最初の交信が行われれば、打ち上げ成功が公式宣言される。
    TOP