주요 기사 바로가기

墜落した韓国経済…OECD「来年の成長率3.1%」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.11.28 10:27
0
経済協力開発機構(OECD)は来年の韓国経済が今年よりは良くなるが成長率は3.1%にとどまるとの見通しを示した。

OECDは27日に発表した経済見通し資料で、韓国の今年の実質国内総生産(GDP)増加率を2.2%、来年は3.1%とそれぞれ提示した。2014年には4.4%に拡大すると予想した。

OECDのこうした見通しは6カ月前よりさらに暗くなったもの。5月の見通しに比べ今年の成長率は1.1ポイント、来年は0.9ポイント引き下げた。世界の貿易鈍化と今年半ばの景気回復が遅れたということだ。

輸出は今年の4.3%から来年は8.6%に、輸入は3.0%から8.6%に改善される。消費者物価上昇率は今年の2.2%から来年は2.3%に安定傾向が続くと予想した。

OECDは対外リスク要因として世界金融不安を挙げた。韓国は過去よりリスク対応余力が改善されたが、依然として不安な世界金融市場が韓国経済に否定的な影響を及ぼしかねないという点を警戒しなければならないと忠告した。また、韓国の輸出の4分の1を占める中国の経済状況も韓国経済に重要な影響を及ぼすとみた。

OECDは世界の景気が予想より鈍化する場合には対応する政策余力があるが、持続可能な成長のために構造改革努力を進め財政健全化も優先で推進するよう韓国政府に勧告した。このために労働市場参加率を高めサービス分野などの生産性を向上させることを忠告した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP