주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】傷だらけの野田首相の真剣勝負(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.11.26 17:15
0
ひどくプライドが傷ついたようだ。 野田佳彦日本首相のことだ。 電撃的に衆院解散方針を明らかにした14日、安倍晋三自民党総裁との党首討論を野田首相はこのように始めた。

「私は小学生の時に通知表を持って帰った。とても成績が下がっていたので、父に怒られると思っていたが、頭をなでてくれた。生活態度の講評のところに、『野田君は正直なうえにバカがつく』と書いてあったのを喜んでくれたんです」。

8月に野党の協調を受けて消費税増税法案を処理し、野田首相は「近いうちに衆院解散」を約束した。 その後3カ月が過ぎたが、解散はなかった。 支持率が底にある民主党にとって解散はまさに政権喪失だ。 野田首相は身動きが取れなかった。

約束を守らない野田首相には屈辱的な非難が降り注いだ。 自民党は野田首相を「嘘つき」と呼んだ。 伊吹文明元自民党幹事長は「“野田る”という言葉が新たに誕生した」とし、「その時その時を切り抜けるため、場当たり的なことを言って約束を守らないという意味」と屈辱感を与えた。 右翼メディアは「“近いうちに”という表現が2012年の政界の流行語大賞」と皮肉った。

野田首相は極度のストレスに苦しんだ。 野田首相は24年間一日も欠かさず駅前で演説した“演説の達人”だ。 その野田首相が11月初め、国会での答弁で舌がもつれるという失敗を2度もした。 参謀は「首相は非常に疲れていたようだ」と心配した。
【グローバルアイ】傷だらけの野田首相の真剣勝負(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP