주요 기사 바로가기

<韓国大統領選>安哲秀候補が辞退…文候補「申し訳ない」 セヌリ党「老かいな民主党…」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.11.24 09:14
0
第18代大統領選挙を26日後に控えて、選挙構図が従来の3者レースから、伝統的なセヌリ党候補と民主統合党候補の1対1対決構図に再編された。安哲秀(アン・チョルス)無所属候補が23日、出馬を取りやめたからだ。

年末の大統領選挙は、朴正煕(パク・ジョンヒ)元大統領の長女であるセヌリ党の朴槿恵(パク・クネ)候補と盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領の元秘書室長である文在寅(ムン・ジェイン)候補の2者対決で行われることになった。

安候補はこの日晩、ソウル公平洞キャンプで緊急記者会見を開き、「政権交代のために白衣従軍(一兵卒として従軍)することを宣言する」とし「(野党の)単一候補は文在寅候補」と宣言した。安候補は「候補一本化過程のすべての不協和音について、私を叱責し、文候補に声援を送ってほしい」と呼びかけた。

安候補の辞退で無党派・中道層に大別される安候補支持層の動きが変数に浮上した。辞退直前の22日に実施された中央日報の世論調査でも、安候補は支持政党を明らかにしない無党派の回答者から37.8%の支持率を受け、朴槿恵(パク・クネ、26.4%)・文在寅(18.8%)候補を上回った。

支持候補を失った有権者層が文候補支持勢力に吸収される場合、「保守対中道・進歩」という文候補に有利な構図に展開する可能性もある。最近の世論調査では安候補の支持率がやや下降し、野党側の有権者が文候補に結集するような動きが見られたため、安候補の辞退が支持層統合の触発剤になるだろうという期待だ。逆に、中間層が候補一本化過程と安候補の電撃的な辞退に失望して朴槿恵候補支持に移ったり、投票に参加しない場合、朴候補に有利な構図(保守・中道対進歩)へと流れることになる。

当初、文・安両候補は「美しい候補一本化」を宣言し、候補一本化過程で「1+1=3」というシナジー効果を狙った。しかし22日、両候補間の談判が成果なく終わったのに続き、この日、安候補の一方的な譲歩で候補一本化が実現したという点で、文候補側は緊張している。候補一本化ルール争いをめぐって両陣営間の感情的争いが露出したうえ、安候補キャンプでは「老かいな民主党の戦略に巻き込まれた」という反発も出てきている。安候補もこの日、文候補支持を訴えたが、民主党側の波状攻勢に感情が傷ついたと伝えられた。こういう状況で、文候補は安候補が確保した中道・無党派を吸収する戦略を用意することが至急の課題となった。

文候補側はこの日深夜、緊急選挙対策委会議を開き、“白衣従軍”意思を明らかにした安候補と連帯する案などを議論した。しかしいつからどのような形で双方の合同選対本部が稼働するかは決まっていない。文候補は「安候補には丁重に礼儀を見せる」とし「安候補の真心と新しい時代に向けた念願を、政権交代を通じて必ず成し遂げる」と述べたと、禹相虎(ウ・サンホ)公報団長が伝えた。

一方、セヌリ党は大統領選挙を「朴正煕vs盧武鉉」構図で展開する戦略だ。また安候補支持層を離脱させる戦略を併行する。安亨奐(アン・ヒョンファン)選対委報道官は記者会見で、「安哲秀式の新しい政治実験が結局、プロ集団の民主党の老かいな壁に阻まれて失敗に終わった」と主張した。安報道官は「安候補の登場は新しい政治を渇望する国民の要求を反映した」とし「しかし安候補は長引いた候補一本化の過程で民主党の壁を越えることができなかった」と述べ、民主党と文候補側を批判した。

安候補はこの日の会見で辞退の理由について、「これ以上候補一本化方式をめぐって対立するのは国民に対する道理でない」とし「是非はともかく、新しい政治に背き、国民により多くの傷を与えるだけ」と述べた。また「新しい政治の夢はしばらく先延ばしになるが、私、安哲秀は自分に与えられた時代と歴史の使命を決して忘れない」とし「それがどのような茨の道であろうと、全身を投じてその道を進む」と述べ、再起を模索することを示唆した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP