주요 기사 바로가기

世界で最も感情表現が少ない国民はシンガポール人…韓国と日本は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.11.23 14:56
0
世界で最も感情表現が少ない国民はシンガポール人、最も喜怒哀楽を表現する国民はフィリピン人という調査結果が出た。

米国の世論調査機関ギャラップは2009-2011年、151カ国の15歳以上の国民各1000人ずつを対象に、日常生活で感じる感情表現の程度を測定し、22日に公開した。

調査対象者に昨日の生活で「よく笑ったか」「楽しかったか」などのポジティブな感情5つと怒り・ストレス・悲しみなどネガティブな感情5つを尋ね、その回答率で順位をつけた。

その結果、シンガポール人は36%が「毎日ポジティブまたはネガティブな感情を表現する」と明らかにし、151カ国の国民のうち最も低かった。次いでジョージア・リトアニア(以上37%)、ロシア・マダガスカル・ウクライナ・ベラルーシ・カザフスタン・ネパール・キルギス(38%)の順だった。韓国人も20位(40%)で、感情表現をあまりしない。中国は60位、日本は80位だった。

感情表現が豊かな国民はフィリピン(60%)、エルサルバドル(57%)、バーレーン(56%)、オマーン・コロンビア(55%)、チリ・コスタリカ・カナダ・グアテマラ・ボリビア・エクアドル・ドミニカ共和国・ペルー・ニカラグア・米国(54%)の順だった。

これに関しブルームバーグビジネスウィークは、シンガポール人は1人当たりのGDPが最高レベルだが、勤務満足度は2%(世界平均11%)にすぎず、学校で人と違う行動するなと教えられるため、感情表現にためらうようだと分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP