주요 기사 바로가기

野田首相に反発し鳩山元首相が政界引退を宣言

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.11.22 09:45
0
3年前に政権交替を成し遂げ自民党を54年ぶりに与党の座から引きずり下ろした主人公の鳩山由紀夫元首相が21日に政界引退を宣言した。

鳩山元首相はこの日午後、野田佳彦首相に会い、来月16日行われる総選挙に出馬せず引退する意向を伝えた。

鳩山元首相が政界引退を決心したのは、野田首相が「消費税増税と環太平洋経済連携協定(TPP)推進に同意しない人は公認しない」という立場を曲げなかったためだ。鳩山元首相は2つの懸案に対し一貫して反対してきた。

野田首相は、「(鳩山元首相が)熟慮の末に下した判断であるだけに重く受け止める」と話したが、内心では歓迎する雰囲気だ。野田首相の路線に文句をつけてきた鳩山元首相が離れることが総選挙にも助けになるという判断だ。このために「野田首相が事実上鳩山元首相を追い出した」という分析も出ている。

鳩山元首相は1986年に北海道で自民党候補として当選した後8期に渡り経歴を積んだ。96年には菅直人前首相とともに民主党を結成した。

9月に離党した国民の生活が第一の小沢一郎代表に続き鳩山元首相まで民主党を離れることにより、いわゆる「民主党トロイカ」と呼ばれた主役3人のうち菅前首相だけが残ることになった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP