주요 기사 바로가기

済州-日本の航空便が減少…日本人観光客の誘致に打撃

ⓒ 中央日報日本語版2012.11.21 16:42
0
日本と済州をつなぐ航空便が減る。 済州航空が済州-大阪直航路線の無期限運航中止決定を下したのに続き、大韓航空も済州-名古屋直航路線を一時停止することにした。

最近の報道によると、済州航空は昨年6月22日から済州出身在日同胞の最大居住地である大阪路線を週3回ずつ運航してきたが、搭乗率が大きく低下したため、来年1月1日から中断することを決めた。 大韓航空も週4回運航していた済州-名古屋直航路線を同じ理由で来年1月7日から2月末まで一時中断することにした。

名古屋には済州観光広報事務所が設置され、観光客の誘致に力を注いでいるが、直航便が中断される場合、日本中部地域の観光客誘致に支障が生じる見込みだ。

済州国際旅行協議会は「日本の関西地方は済州を好む比較的多くの潜在観光客がいるうえ、済州出身の在日同胞が最も多く住む地域。 搭乗率が低調だという理由だけで運航中止を決定するのは、地域経済の活性化にも影響を及ぼす」とし、済州道と済州道観光公社に対策の準備を要請した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP