주요 기사 바로가기

中古車のメーター戻しが横行、最大16万キロの改ざんも=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.11.21 09:51
0
イさんは2010年6月に起亜(キア)自動車の「ソウル」を中古で買った。当時中古車ディーラーは「1万キロメートルも走っていない新車並みの中古なので購入を急がなければならない」と勧めた。しかしディーラーの話を信じて買ってイさんは目まいがするような経験をした。ギアが摩耗し路上で突然ギアが変えられなくなったのだ。エンジンが止まり大事故になりそうになったこともあった。イさんが整備工場で確認してみると、この車はすでに4万キロメートル近く走行した状態だった。走行記録を3万キロメートルも少なく知らされていたイさんはミッションオイルとエンジンオイルなどの交換時期を逃すほかなかった。イさんは結局エンジンと変速機をまるごと修理しなければならなかった。

今年1月、キムさんは4万キロメートル走った中古の「K7」を2780万ウォンで買った。購入直後から車から戦車のごう音に似た騒音が聞こえた。結局キムさんは150万ウォンをかけてタイミングベルトと燃料系統部品を全て交換した。

イさんとキムさんの車はともに走行距離が改ざんされた中古車だった。ソウル地方警察庁経済犯罪特別捜査隊は20日、実際よりも走行距離を減らした中古車を販売した容疑で29社の中古車売買業者代表とディーラーなど71人を在宅で立件したと明らかにした。業者から金を受け取り車の走行距離を改ざんした容疑(自動車管理法違反)を受けている2人は逮捕された。

2人はソウルの江南(カンナム)、江西(カンソ)、長漢坪(チャンハンピョン)など大型中古車売買団地に常駐して専門的に走行距離を改ざんするメーター戻しの専門家だ。彼らのように常駐はしないが売買団地にビラをまいてメーター戻しの営業をする者も活動していると警察はみている。逮捕された2人は車両1台当たり1万~30万ウォンの手数料で2000キロメートルから16万キロメートルまで走行距離を改ざんした。最高記録である16万キロメートルを改ざんした車は庶民が露天商などの生計手段として利用する1トントラックだった。26万キロメートルを走行した古い車両を10万キロメートルしか走っていないように改ざんし数百万ウォンを上乗せして売った。
中古車のメーター戻떂が横行、最大16万キロの改ざんも=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP