주요 기사 바로가기

【取材日記】不倫スキャンダルの捕虜になった韓国外交

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.11.19 11:05
0
ペトレアス前米中央情報局(CIA)局長の不倫スキャンダル発覚から10日ほど経過した。

韓国人としてこのドラマを見るのがますます苦痛になっている。スキャンダルの主人公の一人、ジル・ケリー氏(37)が韓国の「名誉領事(Honorary Consul)」という事実のためだ。「Honorary Consul 1JK」と書かれたナンバープレートを車に付け、「韓国との事業を望めばサポートできる」と誇示していたという話が出たところまではまだ耐えられた。しかしABC放送が致命打を放った。韓国と石炭ガス化事業を模索していたアダム・ビクター氏という会社代表のインタビューでだ。ケリー氏が韓国政府に依頼して40億ドルの契約を実現させるとして8000万ドルを要求したと、ビクター氏が暴露した。自ら「CIA局長が紹介して韓国名誉領事になった」と述べたケリー氏は「韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領ともつなぐ」と話したという。「通常ロビー活動費は100万ドルだが、常軌から外れている」としてビクター氏が拒否したことで、これは実現しなかった。

ケリー氏が8000万ドルでなく80万ドルを要求していれば、太平洋を渡って米国のスキャンダルは任期末の韓国を揺さぶるところだった。問題はCIA局長で始まったスキャンダルがすでにケリー氏の不適切な身振りに移っている点だ。その度に「韓国名誉領事」という言葉が何度も登場する。CNNなど米国メディアは、韓国政府がどのようにケリー氏を名誉領事に任命したのかも謎だと報じている。ケリー氏が住んでいるタンパ地域のメディアは、彼女が名誉領事を背景にして事業交流をしたという情報提供が次々と出てきているとも警告した。

しかし謎は、事情がこうであるにもかかわらず、韓国外交部がケリー氏を名誉領事から解任していない点だ。全米に15人しかいない、それも地域に信望が厚い人物が選ばれる名誉領事にケリー氏がどのように任命されたかをめぐり、疑惑だけが深まっている。

「名誉領事の任命等に関する規定」には、「職務範囲を越えて大韓民国に不利益をもたらす行為をした時」「名誉領事として適切でないと認められる理由がある時」、いつでも解任できるようになっている。しかし駐米大使館の関係者は「米国政府の捜査がまだ終わっていない」とし、解任決定を先送りしている。その間、韓国外交は米国不倫スキャンダルの捕虜となっている。米国防総省はまだ捜査が終わっていないにもかかわらず、ケリー氏に対する軍出入許可を14日付で剥奪している。

パク・スンヒ・ワシントン特派員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP