주요 기사 바로가기

韓国の音源チャートからアイドルグループ失踪…バブル崩壊か(1)

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.11.15 17:07
0
歌謡界で「アイドルグループ危機論」が勢力を強めている。最近、音源チャートの上位圏でアイドルグループを見つけ出すのは難しくなっている。アイドルグループが占領していたかのような昨年の音源チャートと比べるとあまりにも様相が違いすぎている。特に今人気のアイドルグループはすでに確保したファン層を糧にここ一番の踏ん張りに成功しているが、新人アイドルグループには生き残りそのものが厳しい市場に様変わりしていっている。星の数ほどあったアイドルグループは一体どこに消えたのか。芸能事務所は枯れていくアイドルグループ市場に合わせて、新しい生き残り戦略を組むのに忙しい。

<チャートから消えたアイドルグループ>

音楽チャートサイト「メロン」の15日付け午前のリアルタイムチャートでは、10位内に入ったアイドルグループはたった1組だった。miss A(ミスエイ)が『男なしでも生きていける』で9位に入り、なんとかアイドルグループのメンツを保った。チャートをざっと見てみると興味深い現象が読み取れる。ソロ歌手イ・ハイのデビュー曲『1、2、3、4』で首位を長期で守っている中、見慣れない名前が上位圏に続々と食い込んでいる。

弘益(ホンイク)大出身のインディーデュオ「Geeks(ギークス)」の『Officially Missing You』、ヒップホップ系の有名プロデューサー「プライマリー」の『疑問符(?)』がそれぞれ2位と5位に入っている。彼ら以外にも、Ailee(エイリー)『見せてあげる』、K.Will(ケーウィル)『Please don’t…』、ビョル『かわいい』など、ソロボーカリストらが上位圏に列を成して布陣している。パフォーマンスではなく音楽性が音源チャートを圧倒しているといえる。

今年デビューした新人アイドルグループの成功率を見ても、市場の変化はたやすく感知できる。今年11月までにデビューした約40組のアイドルグループのうち、ファンの注目を受けたグループはそう多くない。SMエンターテイメントの絶大なファン層の支持を受けたEXO(エクソ)、そしてB.A.P(ビーエイピー)が辛うじて“合格点”をもらった。

彼ら以外ではJUNIEL(ジュニエル)『illa illa』、Ailee(エイリー)『HEAVEN』、イ・ハイ、Busker Busker(バスカーバスカー)『桜エンディング』 などのように個性の強い音楽を前面に出したボーカリストとバンドの成績の方がはるかによい。
韓国の音源チャートからアイドルグループ失踪…バブル崩壊か(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国の音源チャートからアイドルグループ失踪…バブル崩壊か(1)

    2012.11.15 17:07
    뉴스 메뉴 보기
    ガールズグループのmiss A(ミスエイ)。
    TOP