주요 기사 바로가기

ダライ・ラマが釣魚島ではなく「尖閣諸島」…中国政府が猛非難

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.11.14 09:09
0
チベットの精神的指導者ダライ・ラマ14世が南中国海の領土紛争地域を中国名の釣魚島ではなく日本名の「尖閣諸島」と呼んだとし中国政府が猛非難した。中国外交部の洪磊報道官は13日、「ダライ・ラマは祖国分裂の政治的目的のためにはばかることなく日本の右翼勢力と意気投合した。彼の行動は中国人民の蔑視を受けるだろう」と述べた。

中国メディアは日本を訪問中のダライ・ラマが12日に横浜で行われた記者会見で、釣魚島を「尖閣諸島」と呼んだと報道した。だが、発言内容と脈絡は詳しく紹介されなかった。AP通信は録音した記者会見の内容を分析した結果、単に「その島々」とだけ称したと報道した。

発言をめぐる議論は中国共産党全国代表大会を迎え独立を要求するチベット人の焼身自殺が相次ぐ中で出てきた。新華社通信は青海省同仁県で12日にチベット人青年2人が焼身して死亡したと伝えた。大会開幕前日の7日からこの日まで9人のチベット人が焼身自殺した。中国政府はダライ・ラマがチベット人の分裂を扇動していると非難してきた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP